あなたの創造性をチェック!「連想記憶ゲーム」

2019.08.17

 

今日は

「連想記憶ゲーム」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

①創造性をチェックする「連想記憶ゲーム」

②あなたの連想力はずっと前から身についている

③この連想メカニズムを営業で活用するとどうなるか?

 

 

■創造性をチェックする「連想記憶ゲーム」

 

次の単語を見てください

 

「ダイビング」「青」「耳」

 

この3つの単語から連想される言葉を

「15秒以内」

でお答えください。

 

さて、答えは出たでしょうか?

 

答えは

「空」

です。

 

スカイダイビング

青空

空耳

 

もちろん答えはこれだけではありません。

 

このように3つの単語から連想することで

「あなたの創造性」

を測ることができます。

 

 

ではもう1問

 

「夢」「ボール」「本」

 

この3つの単語から連想される言葉を

「15秒以内」

でお答えください。

 

 

この3つからは

「誰もが納得する」

という言葉を導くのは難しいかもしれません。

 

 

■あなたの連想力はずっと前から身についている

 

この3つの単語を使った実験は1960年代に

「サルノフ・メドニック」

という若い心理学者が行ったものです。

 

「創造性とは何か?」

と突き止めるための研究です。

 

 

この実験には続きがあります。

 

2回目は

 

「ダイビング」「青」「耳」

「夢」「ボール」「本」

 

これらの3つの単語群に

「関連があるかどうかを2秒以内で答えなさい」

という問題が出されました。

 

「2秒で判断する」

というのは非常に難しく思えます。

 

しかしほとんどの実験参加者は

「瞬時にある、ない」

を判断して正解をしていました。

 

 

人の脳の中にある

「連想記憶マシン」

の働きによるものです。

 

3つの単語に関連性があるかどうかは

「連想する単語を導くずっと前にすでに知っている」

ということを示しています。

 

そして連想記憶マシンから出される

「信号」

によって瞬時に判断を下しているということです。

 

 

平たく言えば

「目の前のものを見て」

瞬間的に知っている、知らないを判断しているといことです。

 

その機能が

「あなたの脳」

の中に存在しているということです。

 

 

さらに脳科学の研究では

「直前に与えた情報」

によって反応を変えることができるということです。

 

「ダイビング」「青」「耳」

この問題の前に

 

「飛行機が空を飛んでいる映像」

を見せると連想が容易になるということです。

 

心理学の世界では

「プライミング効果」

と呼ばれているものです。

 

 

■さらに大きな影響力を与えるのが「感情」

 

さて、もう少しこの実験を見ていきましょう。

 

この問題の前に

 

A「楽しかったことを考えてください」

B「悲しかったことを考えてください」

という指示が出されていました。

 

この感情の変化で

「結果に大きな違い」

が生まれました。

 

それは

「直感の正確性」

です。

 

それを示す

「直感指数」

に2倍もの変化が生まれました。

 

Aグループの楽しいことを考えたチームは

「正解率が2倍」

になりました。

 

Bグループの悲しいことを考えたチームは

「まったく正確にこなせない」

という結果になりました。

 

上機嫌だと

「直感が冴える」

という結果です。

 

ただ気を付けたいのは

「警戒心がゆるみ論理的エラーを起こしやすい」

ということです。

 

直感を働かせたければ

「楽しいことを考えてから臨む」

ということが効果的です。

 

 

■この脳のメカニズムを営業で活用するとどうなるか?

 

ではあなただったら

「このメカニズムを営業にどう活かしますか?」

 

例えば営業のプレゼンテーションをする前に

「現状の業務」

について考えてもらうとします。

 

そうするとお客様の中の連想記憶マシン

「自社の業務」と「営業からの提案」

を結び付けてくれます。

 

その結果

「この提案はウチに役立つかもしれない」

と考えてもらえることとなります。

 

そのように

「営業の事前準備」

をして交渉に臨めば成約率が格段に上がることでしょう。

 

 

私の提唱する

「行動創造理論」

は営業とお客様の正しい行動を創るメソッドです。

 

そのために

「大半の行動を自動で行う」

という脳によるメカニズムを分析したものです。

 

脳科学

心理学

行動学

の知見を営業行動に変換した唯一の理論です。

 

それを多くの人が身につけられるように

「営業研修」

「ビジネストレーニング」

のプログラムにして企業にご提供をしています。

 

これまで大手企業や成長企業で採用され

「リピート率100%」

の成果を出しているプログラムです。

 

経営者

営業責任者

人材開発責任者

でご興味ある方は、下記よりお気軽にご連絡をください。

 

【ご連絡フォーム】

 

今日は

「連想ゲーム」

というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー