あの人はなぜ自分の顔を触るのか?心理学からの意味

2017.03.16

 

今日は

「不安になったときの行動」

というテーマに、心理学の観点から触れてみます。

 

 

人は不安になったり、ショックなことがあると

「身近な人に接触を求める」

傾向にあります。

 

 

しかし、その機会がない場合には

「自分の体に触れる」

ことで安心感を得ようとします。

 

 

これを心理学では

「自己親密性」

と呼びます。

 

 

この観点から見ると、その人の心理状態でなく

「性格の傾向」

も見て取れます。

 

 

例えば

 

「頬や頭をなでるように触る人」

優しく慰めてほしいタイプ

 

「頭をたたいたりする人」

叱咤激励を求めている

 

「腕を組む人」

他者への警戒心が強い人

 

「自分を優しく包むようなしぐさをする人」

緊張を和らげようとしている

 

「腰に手を当てる人」

自己中心的で自己顕示欲が強い

 

 

周りの人が上記のようなしぐさをしていたら、

その心理に触れてあげるような言葉や行動をとってあげたいですね。

 

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

 

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー