儲かっていないお店を1秒で見抜く方法

2016.12.04

 

おはようございます。

レゾンデートル齋藤です。

 

アメリカではこの時期「ブラックフライデー」と呼ばれるセールが行われます。

日本でもこのセールに同調しようとする動きがあり、話題になっていました。

この期間で、年間売り上げの半分も稼ぐ店舗あるようです。

 

日本でも、年末セールが各売り場で行われる時期になりました。

忘年会シーズンでもあるので、飲食店を含め、お店の中がにぎわう時期でもあります。

 

 

さて、今日のテーマはそのお店がテーマです。

 

いろいろなタイプの店舗がありますが

「儲かっていないお店を一瞬で見抜く」

ことはできますか?

 

飲食店

コンビニ

家電量販店

 

どんなお店でも、この現象が見られれば、そのお店は儲かっていないのではないかと考えられます。

 

それはどんな現象だと思いますか?

 

それはお店に入った瞬間にわかります。

1秒で見抜けます。

 

 

 

 

 

答えは

「店員が動いていない」

です。

 

 

 

 

お客さんがいれば、当然接客をしていると思います。

その瞬間にいなかったとしても、お客さんが入っていれば、何かしらの作業が発生します。

(品出しやクリンネスなど)

 

その作業がないということは、お店が暇だという仮説が立てられます。

 

 

 

どんなお店でも人件費は固定費でかかってきます。

その固定費のパフォーマンスが高ければ儲かります。

逆に低ければ儲かりません。

 

 

「動いていない従業員」

このパフォーマンスが高いのか、低いのかは言うまでもありません。

 

 

一部の人間だけが動いているというのも、

「儲け」

という観点で考えれば一緒です。

 

トータルのパフォーマンスは高いとは言えませんね。

経営者の方であれば、マネージメントの方法を考える必要があるのではないでしょうか。

 

 

今日立ち寄ったお店で、ちょっとアンテナを立ててみてはいかがでしょうか。

店員さんの動きを見なくても、入った瞬間の空気感で判断できるかもしれませんが(笑)

 

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー