商談の成功率は何パーセントか

2016.10.18

おはようございます。

レゾンデートル齋藤です。

 

今日も昨日に引き続き、「営業」に関するテーマで書いてみたいと思います。

中でも今日は「商談の成功率」についてです。

 

皆さんの商談成功率は何パーセントくらいですか?

 

50%?

30%?

10%?

 

商品カテゴリによっても違うかもしれませんが、ある程度の成功率は把握しているのではないでしょうか。

まあ、こちらを把握していないと、的確なアクションプランを立案できませんからね。

 

商談のプロセスをざっくりまとめると

 

初回訪問

プレゼンテーション

クロージング

 

こんなプロセスにまとめられます。

この全てのプロセスで50%成功できるとします

 

その場合の最終的な商談成功率はいくつでしょうか?

 

100件の商談をしたとします。

初回訪問を50件通過

プレゼンテーションで25件通過

クロージングで12件成功

 

そうですね。商談成功率は12.5%ですね。

結構高い数字で推移したと感じていても、最終的な数字は決して高いものではありません。

 

サイコロを転がして狙った目が出る確率より低い数字です。

 

実際のプロセスはもう少し複雑になってくるので、もっと低い数字なのかもしれません。

 

 

対面販売の営業の場合、時間の制約があるため商談件数には限界があります。

ここで大切なのは、1つ1つの商談の質を上げると行くことですね。

「それには何が大切でしょうか?」

セミナーではそのようなことを確認しながら進めています。

 

商談の質を上げるには?

私は必ず答えがあると考えています。

 

こんなことを考えてみるのはいかがでしょうか?

その先には必ず笑顔があると思います。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー