日曜日のサッカーに学ぶ事前準備

2017.03.13

 

今日は

「日曜日のサッカー」

に触れたいと思います。

 

 

2017年3月12日はJ2リーグの試合が行われました。

その中の2試合に注目すべき点があります。

 

 

まず1点目は

「三浦知良選手 50歳のゴール」

 

カズ選手の活躍は世界的な話題です。

これまでのサッカーの常識を覆す活躍です。

 

華やかな活躍の裏には、たゆみない努力があることは明らかです。

平易な言葉で表現するのが失礼なくらいです。

 

試合前の準備

試合後、練習後のケア

オフの時間の過ごし方

更にはシーズン前からの準備

 

 

こういった試合にかかわってくる

「事前準備」

の意識は想像もできないほどのものだと思います。

 

 

Jリーガーの引退平均年齢は25歳です。

三浦知良選手は50歳でプロの世界でゴールを決めています。

 

戦い続けるために、最適な体脂肪率を

「考え、変化させ、コントロール」

しているそうです。

 

こういった姿勢は、アスリートだけでなく

「全ての職業に通ずる」

ものだと思います。

 

マネできるものではないですが、見習って少しでも近づけるようにしていきたいですね。

 

 

 

もう1点は残念な話です。

 

カズ選手の活躍の裏で、情けない準備の話がありました。

 

岐阜-松本戦で起きた事件です。

「両チームのユニフォームの色が似ているため、試合が中断になった」

という話です。

 

お互いが相手にパスをしてしまうミスが続いたようです。

結局後半から岐阜が白のユニフォームに着替えて試合をしました。

 

こんなことは、事前に防げるはずです。

当然確認はしていると思いますが、運営の認識が甘いといわざるを得ませんね。

 

 

同じ日の同じ舞台で、大きな違いを見ることができました

 

「事前準備」

この大切さを改めて学ぶ機会であったような気がします。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー