満足は3人に伝え、不満は11人に伝える

2016.12.23

 

 

年末はいろいろとお金を使う機会が多いですね。

食事、買い物などいろいろと使った方も多いと思います。

 

満足できるお店

満足できるサービス

満足できる商品

に出会うことはできましたか?

 

逆に

不満を感じるお店

不満を感じるサービス

不満を感じる商品

に出会ってしまったことはあるでしょうか?

 

 

不満に感じると95%の人は、何も言わずに買うのをやめてしまいます。

そして企業には何も言いません。

 

ただし、友人や知人にはいうかもしれません。

SNSを通じて発信をするかもしれません。

 

 

フィリップコトラーによれば

「満足した顧客は、製品がよかったことを平均3人に話すが、不満のある顧客は平均11人に不平を漏らす」

としています。

 

不満を共有して、その気持ちを解消するという行動なのでしょうか?

 

 

 

クリスマスの3連休は、満足なサービスを受けたいですね。

ただ、通常よりかなり多くの需要があるので、体制が追い付かずサービスの低下が起きやすいのも事実です。

 

とはいえ、笑顔で過ごせる週末になるといいですね。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー