総理大臣や大統領がかわるより、世界がかわるもの

2017.01.04

 

今日から仕事始めという方も多いでしょうか?

明日からという方もいらっしゃるかもしれませんね。

また今年も楽しく笑顔でいきたいですね!

 

今日はある美容サロンのポスターからです。

 

「総理大臣や大統領がかわるより、前髪1ミリで私の世界はかわる」

こういったコピーがありました。

 

 

総理大臣は変わりませんが、アメリカ大統領は変わります。

これまでの政策のほとんどを廃止すると明言しています。

おそらくこの変化は私たちにも影響があるでしょう。

 

それ以外にも自分の周りで、変化は絶えず起きています。

組織が変わる

ポジションが変わる

メンバーが変わる

 

これらのことは自身にとって

「外部環境」

の変化です。

 

一方、前髪1ミリでかわる世界は

「内部環境」

の変化といえます。

 

自分の「さじ加減」でかえられる世界です。

 

 

2017年も様々な変化が、ものすごいスピードで目の前に現れると思います。

その「変化」に対して、どう対応していけばよいでしょうか?

 

「変化」

それ自体をコントロールすることはできません。

ただ、その変化にどう向き合うかは、自分で選択できます。

 

 

好ましい変化も、好ましくない変化もあるでしょう。

 

その変化に対して

「仕方ない」

「無関心」

でとする選択もできます。

 

 

ただその変化を

「前髪1ミリ」

のように受け止めることもできます。

 

 

これは言い方を変えれば

「当事者意識」

といえます。

 

 

 

 

とても大切な意識です。

 

 

 

 

 

あらゆる事象に

「当事者意識」

をもって接していきたいですね。

 

 

そうすれば

「変化の意味」

「その先の結果」

も変わるはずです。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

 

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー