行動創造理論
「商談をするためにお金を払っても良い」
と言われる営業を創り出す

詳しくはこちら

営業研修 管理職研修 セールスイネーブルメント

代表取締役
齋藤 英人

2030年には50%の営業が職を失うと言われています。
理由はお客様の購買ハードルが急激に上がっているからです。

しかし数多くの営業たちは
「お客様と仲良くなる」「お客様の課題を聞き出す」
ことを繰り返しているだけです。

お客様自身が気づいていない課題を営業独自の視点で再構築するチカラが求められ、商談をするためにお金を払っても良いと言われる営業しか生き残れません。

私は科学を基軸とした営業理論「行動創造理論」を開発し、営業研修を通じて、10年先も活躍し続ける営業を育成し続けています。

営業のチカラで、この世界に1つでも多くの笑顔を創り出します。

  • 8,816

    People

    これまで8,816人を超える売上拡大に貢献

  • 100

    Yearly

    年間100回以上の営業研修や管理職研修、公開講座を実施

  • 100

    Percent

    採用企業から9年連続で100%のリピート率を誇る、営業コンサルティングと企業研修

BUSINESS COLUMN
最新記事

2022.8.16

なぜ多くの経営幹部が自身の予測を外すのか?「誰もが陥っている2つの罠とは?」

経営幹部は決して言わない「自分の予測は外れている」     今日は 「予測の罠」 というテーマに触れてみたいと思います。     <index> ①ビジネスは予測の連続だが、誰もが陥る「2つの罠」 ②なぜ予測の罠にはまるのか?を明らかにした実験 ③本来、正しく信頼範囲で予測すれば94%的中するはず     ■ビジネスは予測の連続だが、誰もが陥る「2つの罠」     ビジネスでは必ず予測を行います。     今期の数字 案件の結末 部下の行動     管理職からプレイヤーまで 「ビジネスの動きは予測」 を行って行動をしています。     そもそも意識的な行動は 「想像(予測)」 が無ければ創られることは決してありません。     言い換えれば 「予測を基に行動をしている」 といっても良いでしょう。     ではご質問です...