行動創造理論
「商談をするためにお金を払っても良い」
と言われる営業を創り出す

詳しくはこちら

企業研修 人材育成 セミナープログラム

代表取締役
齋藤 英人

2030年には50%の営業が職を失うと言われています。
理由はお客様の購買ハードルが急激に上がっているからです。

しかし数多くの営業たちは
「お客様と仲良くなる」「お客様の課題を聞き出す」
ことを繰り返しているだけです。

お客様自身が気づいていない課題を営業独自の視点で再構築するチカラが求められ、商談をするためにお金を払っても良いと言われる営業しか生き残れません。

私は科学を基軸とした営業理論「行動創造理論」を開発し、営業研修を通じて、10年先も活躍し続ける営業を育成し続けています。

営業のチカラで、この世界に1つでも多くの笑顔を創り出します。

  • 8,816

    People

    これまで8,816人を超える売上拡大に貢献

  • 100

    Yearly

    年間100回以上の営業研修や管理職研修、公開講座を実施

  • 100

    Percent

    採用企業から9年連続で100%のリピート率を誇る、営業コンサルティングと企業研修

BUSINESS COLUMN
最新記事

2021.11.28

【ビジネス寓話シリーズ】「農夫と息子たち」ダメな3人の息子に行動を取らせた技術とは?

  遊んでばかりいる子供たちに、富を手にさせた父親の最期の技術     今日は大人気の 「ビジネス寓話シリーズ」 をお送りいたします。     「農夫と息子たち」 というお話です。     どんな教訓があるのでしょうか?   ---------------------------------------------- ある農夫に働かずに 「遊んでばかりいる3人の息子」 がいました。     年老いた農夫は、死の間際に息子たちを呼び寄せて言いました。     「子供たちや、私の畑の一つに宝物が隠してある。収穫を終えたら深く掘り起こしてみなさい。」     息子たちは父親の死後 「畑を隅から隅まで」 深く掘り起こしてみました。     しかし宝物は見つかりませんでした。 その代わり翌年には大豊作に恵まれました。   -----------------...