行動創造理論
「商談をするためにお金を払っても良い」
と言われる営業を創り出す

詳しくはこちら

営業研修 管理職研修 セールスイネーブルメント

代表取締役
齋藤 英人

2030年には50%の営業が職を失うと言われています。
理由はお客様の購買ハードルが急激に上がっているからです。

しかし数多くの営業たちは
「お客様と仲良くなる」「お客様の課題を聞き出す」
ことを繰り返しているだけです。

お客様自身が気づいていない課題を営業独自の視点で再構築するチカラが求められ、商談をするためにお金を払っても良いと言われる営業しか生き残れません。

私は科学を基軸とした営業理論「行動創造理論」を開発し、営業研修を通じて、10年先も活躍し続ける営業を育成し続けています。

営業のチカラで、この世界に1つでも多くの笑顔を創り出します。

  • 8,816

    People

    これまで8,816人を超える売上拡大に貢献

  • 100

    Yearly

    年間100回以上の営業研修や管理職研修、公開講座を実施

  • 100

    Percent

    採用企業から9年連続で100%のリピート率を誇る、営業コンサルティングと企業研修

BUSINESS COLUMN
最新記事

2022.1.20

なぜあなたの営業は結果が出ないのか?理由は能力ではなく「アレを知らないだけ」

  営業成績が悪い理由は能力が無いからではありません     今日は 「結果と能力」 というテーマに触れてみます。     <index> ①結果の差は能力の差なのでしょうか? ②5点しか取れない生徒をトップにした家庭教師の指導法とは? ③あなたの営業成績が悪いのも「正しいやり方を知らないだけ」     ■結果の差は能力の差なのでしょうか?     ほとんどの営業組織では 「結果」 が求められます。     結果とは言うまでも無く 「売上」 です。     同じ商品やサービスを取り扱っていても 「結果が出る営業と出ない営業の差」 は必ず生じます。     全員が同じ数字というのはあり得ません。     あるとすれば誰も売れない 「ゼロ」 という数字のみでしょう。     ではなぜ結果に差が出るのでしょうか?...