あなたの発想力テスト「動かない自動車があったら何の役に立つ?」

2020.04.06

 

今日は
「発想の転換」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

<index>

①発想テスト①「動かない自動車」

②発想テスト②「いくら使ってもなくならない鉛筆」

③発想テスト③「100リットル入りのコーラ」

 

 

前日の記事で
「そろばんの市場転換」
について触れました。

「そろばん(珠算)」で学ぶマーケティング

 

 

この記事では
「水平思考」「ラテラルマーケティング」
と呼ばれるものというご紹介をいたしました。

 

 

この手法を用いて
「実際に生まれた製品」
はどんなものがあるでしょうか?

 

その事例を見てみましょう。

 

タイトルを出しますので
「実際のサービス/製品」
がどんなものか、まずご自身で発想してみてください。

 

 

■発想テスト①「動かない自動車」

 

「動かない自動車」

これはどんなものでしょうか?

 

 

自動車は
「現在位置から目的地まで運ぶ」
という移動する役割を担うものです。

 

それが
「動かない」
というのはどういうものでしょうか?

 

全く役に立ちそうにありません。

すでに生まれた時点で、自動車としての機能を満たしていません。

 

しかし市場では実際に製品化されています。

ご自身で発想してみてください。

 

 

答えは
「運転シミュレーター」
です。

 

 

これは
「動かせない人が使う」
という視点で見たものです。

 

 

自動車はすべての人が動かせるわけではありません。

動かす前に必ずトレーニングが必要です。

 

新しい発想には
「今あるものを取り除く」
ということが有効です。

 

 

これは水平思考でいうと
「効用の除去」
という視点です。

 

 

■発想テスト②「いくら使ってもなくならない鉛筆」

 

これはどんなものでしょうか?

鉛筆は使っているとどうなるでしょうか?

 

 

「芯が短くなり、削る必要がある」
というものが鉛筆です。

 

この製品はその手間をなくしたものです。

それはどんなものでしょうか?

 

ご自身で発想してみてください。

 

 

この問題は簡単だったかもしれません。

答えはお分かりですね。

 

 

オンラインサロン会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー