あなたの「コミュニケーション力テスト」まさか5個以下ではないですよね…

2020.10.08

 

あなたのコミュニケーション力は大丈夫?

 

 

今日は
「コミュニケーションテスト」
に触れてみたいと思います。

 

 

<index>

①聞くと聴くの違いを説明できますか?

②仕事が機械に簡単に奪われる人のタイプ

③コミュニケーションチェック 9の質問

 

 

■聞くと聴くの違いを説明できますか?

 

 

「聞く」

「聴く」

 

 

2つの言葉の違いを説明できますか?

 

 

「聞く」

雑音が聞こえる

物音が聞こえる

車の走る音が聞こえる

 

 

聞くは
「自然に入ってくる音」
に使います。

 

 

「聴く」

講演を聴く

講義を聴く

歌を聴く

 

 

聴くは
「内容を理解しようとする」
時に使います。

 

 

ではビジネスで必要なのは?

 

 

もちろん
「聴く」
です。

 

 

コミュニケーションスキルで
「一番重要なチカラ」
と言ってもいいでしょう。

 

 

話すよりも
「聴くチカラ」
のほうが何倍も大切です。

 

 

■仕事が機械に簡単に奪われるタイプとは?

 

 

これからのビジネスでは
「コミュニケーションスキル」
が特に重要になります。

 

 

今まで以上に必要なスキルです。

 

 

もし聴くチカラがなければ
「あなたの仕事は機械に代わられる」
と思ってもいいでしょう。

 

 

リモートワーク

オンライン商談

 

 

会って話す機会は確実に減っていきます。

 

 

もうすでに
「コミュニケーションの本質」
が問われてきます。

 

 

うまく
「伝わらない」
のであれば機械に任せた方がよいでしょう。

 

 

今後のビジネスの市場は
「人不足&人余り」
が同時に起こります。

 

 

どちらに行くかは
「コミュニケーション力」
によって振り分けられるでしょう。

 

 

 

■コミュニケーションチェック「9の質問」

 

 

ではあなたの
「聴くチカラチェック」
をしてみましょう。

 

 

9つの質問に
YES or NO
で答えてみてください

 

 

①相手の言葉に耳を傾けている

②相手の言葉をさえぎらないようにしている

③自分より相手が多くしゃべっている

④言葉に込められた思いをくみ取ろうとする

⑤共感を持って聴こうとする

⑥相手の言うことを頭ごなしには否定しない

⑦話している相手に関心を持つ

⑧答えやすい質問をする

⑨相手がわかる言葉を使っている

 

 

さて
「YES」
はいくつあったでしょうか?

 

 

9つのポイントはすべて
「聴くチカラ」
に必要なことです。

 

 

実は9つのポイントは
「トレーニング」
はほとんどいりません。

 

 

上記の9つのポイントの頭に
「意識して」
という言葉をつけてみてください。

 

 

その瞬間
「すぐにできる」
ことがわかります。

 

 

コミュニケーションの始まりは
「まず相手に関心を持つこと」
です。

 

 

関心を持つことが
「良いコミュニケーションの第一歩」
です。

 

 

今まで以上に重視されるビジネススキルの
「コミュニケーション」
を今から意識してはいかがでしょうか?

 

 

その結果、上記の9つのポイントが
「当たり前」
になっていくと良いですね。

 

 

実際に身につける方法もお教えいたします。

脳のメカニズムを使えばとても簡単です。

 

 

まず商談の直前に
「9つのポイントを眺める」
ことをしてみましょう。

 

 

その中で
「特に意識する1つ」
を3回読みましょう。

 

 

ただこれだけです。

 

 

 

事前に
「脳に情報を与えるだけ」
で十分です。

 

 

脳が与えられた情報で
「勝手に行動を選択」
してくれます。

 

 

「プライミング」
という行動創造理論です。

 

 

事前に見た商談

事前に見なかった商談

 

 

是非一度比べてみると違いが判ります。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

 

私の提唱する「行動創造理論」は
脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動科学

 

数多くの研究や知見を「ビジネス行動」
に体系的に落とし込んだ唯一の理論です。

知見を身につけ飛躍的に売上を伸ばすプログラムをご提供しています

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

売上に繋がる営業研修を実施したい」
「確実に行動が変わる研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムです。

 

 

ビジネスで成果を出すというのは
「人の行動を継続的に変化させる仕組み」
を本能の行動メカニズムに合わせてあげればよいだけです。

 

 

上記のプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

ビジネスの課題をすべて解決できるようになるでしょう。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「コミュニケーション力テスト」に触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー