世界で活躍する選手が使っている「ものすごく単純に成功する方法」

2018.05.31

 

今日は

「継続性」

というテーマに触れていきたいと思います。

 

 

皆さんは

「好きなスポーツ選手」

はいますか?

 

 

野球で言えば

イチロー選手

大谷翔平選手

田中将大選手

このようにメジャーで活躍している選手たちが上がるかもしれません

 

 

サッカーで言えば

本田圭佑選手

長友佑都選手

長谷部誠選手

という選手かもしれません。

 

 

それ以外には

錦織圭選手

羽生結弦選手

が上がるかもしれません。

 

 

全ての選手が

「世界の舞台で活躍」

している選手たちです。

 

 

この選手たちには

「もう1つ共通点」

があります。

 

 

それは何でしょうか?

「たぐいまれなる才能に恵まれた」

それもあるかもしれません。

 

 

ただすべての選手は

「赤ん坊の時からできたわけではない」

ということです。

 

 

生まれてすぐにヒットを打てるわけではない

生まれてすぐにシュートが打てるわけではない

生まれてすぐにスケートを滑れるわけではない

ということです。

 

 

「継続」

をしてきたから、世界で活躍するというポジションにいるわけです。

 

 

では自分たちはどうでしょうか?

 

 

ビジネスにおいて

「継続している」

と言い切れることはあるでしょうか?

 

 

例えば

「新しいノウハウ」

を手にします。

 

 

「これは役に立つ」

「これは効果がありそうだ」

「これならできそうだ」

 

 

さてこの人は

「何回繰り返すでしょうか?」

 

 

もしかしたら

「1度も実行しない」

かもしれません。

 

 

むしろこういう人のほうが多いのかもしれません。

 

 

「ノウハウ」

というのは

 

「再現性」

のあるものを指します。

 

 

その通り実行し続ければ

「結果」

が生まれるもののことです。

 

 

 

「サッカーのフリーキック」

にもノウハウはあります。

 

 

置かれたボールに対して

ボールのこのポイントに足を当てる

振り下ろすスピードはこのくらいで

足の入射角度はこうで

インパクトの瞬間力を入れ

フォロースルーはこの軌道

 

 

これを繰り返せば

「素晴らしいフリーキック」

を蹴ることができます。

 

 

しかし

コンマ何ミリ

コンマ何秒

の単位で正確に撃ち抜かなければなりません。

 

 

芝の状態

気温や湿度

風の状態

でも変わるでしょう。

 

 

フリーキックを蹴るには

「継続したトレーニングが必要」

ということはだれでもわかります。

 

 

ただ

「2~3回蹴って、これは違う」

とやめてしまうということはないでしょうか?

 

 

これは

「ビジネス」

においても同様と言えるのではないでしょうか。

 

 

ただ、いきなり

「大きな事を継続する」

となると相当にしんどくて続けることは困難です。

 

 

「出来ることから継続させる」

というチャレンジがよいのではないでしょうか?

 

 

お勧めは

「やっていて楽しいこと」

です。

 

 

私にとって楽しく継続していることは

「今お読みいただいているブログ」

になるでしょうか。

 

 

誰か1人でも読んでくれている

だれか1つでも「いいね」をしてくれる

1つだけでも「笑顔」が生まれているかもしれない

 

 

こんな気持ちになれるから

「毎日継続」

ができているのだと思います。

 

 

その結果ホームページへの

「アクセスが3.7倍増える」

という結果も生まれてくれました。

 

 

私たちは

「基本的に継続できる生き物」

と考えています。

 

 

毎日、歯を磨くと思います。

毎日、顔を洗うと思います。

毎日、着替えると思います。

 

 

それを何十年と続けてこられたわけです。

 

 

まずできることから

「行動」

を始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

その先には

「大きな結果」

が必ずあると信じて。

 

 

今日は

「継続性」

というテーマに触れてみました。

 

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー