人の印象は3秒で決まる しかし75%は変えられる

2016.11.09

おはようございます。

レゾンデートル齋藤です。

 

今日は見た目についてのお話です。

人は会って瞬時にその人の印象を決めつけるといわれています。

 

出会った瞬間、見た瞬間に

いい人か、悪い人か、

できそうな人か、できなさそうな人か

合いそうな人か、合わなそうな人か

 

といったような判断した覚えはありませんか?

 

商談で出会った人

電車の向かいの席の人

飲み屋の隣のテーブルの人

どんな人でも認識した瞬間に、印象の決めつけを行います。

 

人事の担当に、見た瞬間にある程度の判断ができるという事を聞いた記憶があります。

 

これを心理学的には

「瞬間決定の法則」と呼びます。

 

 

アメリカの社会学者によると、人は以下の8つの情報を順番に判断していくそうです。

 

1性別

2年齢

3外見(背の高さ、太っている、痩せている)

4服装(金持ちそう、質素そう)

5表情(にこやか、おどおど)

6視線(しっかりしている、きょろきょろ)

7態度(横柄な感じ、気を使っている)

8距離

 

厄介なことに、この先入観というのは、中々変えるのが難しいとのことです。

ではどうしたらよいでしょうか。

 

先入観の要素を変えればいいのです。

上記の3~6に関しては、自身の努力で変えることができます。

6/8 75%の要素はいつでも変えることができるのです。

 

相手を変えるのと、自分を変えるのでは、どちらがたやすいのでしょうか?

 

ご自身を鏡で見たときに第一印象がどのように映るかという観点で見てみるのもよいかもしれませんね。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

 

 

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー