「あなたがビジネスで一番余計なもの??」取り除くと訪れる未来とは

2020.04.03

 

今日は
「余計なもの」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

<index>

①あなたの扱う製品やサービスは余計なもの?

②あのビジネスモデルが大成功した理由

③サービスだけでなくプロセスの負担もお客様へ

 

 

■あなたの扱う製品やサービスは余計なもの?

 

「自分の製品やサービス」
について考えていきましょう。

 

あなたの扱っている
「製品・サービスに余計なもの」
はありますか?

 

 

大切な商品やサービスなはずなので
「そんなものはない」
という声が聞こえてきそうです。

 

しかし多くの製品サービスには
「余計なもの」
がくっついています。

 

 

お客様にとって余計なものです。

 

 

それは
「過剰品質」
と言い換えられます。

 

 

「市場が求めている以上のものを提供する」
というのは大切です。

 

 

しかし
「それが行き過ぎていたとしたら??」
どうなるでしょうか?

 

 

■余計なものの負担を強いられるのはお客様

 

その結果は
「コストに反映される」
ことになります。

 

 

市場の声を聞いて
「あったほうが良い」
という声が多いから、その機能を入れる。

 

一見すると良さそうな事業活動です。

 

 

しかしその結果、いろいろ追加されてしまいます。

 

「何が特長かわからなくなる」

「価格が高くなる」

こんなことが起きてしまいます。

 

 

そのツケを支払わされるのは
「お客様」
です。

 

ただ、お客様も非常に賢いので
「買わない」
という選択をすることになります。

 

 

これを
「上手く取り除いたサービス」
が市場のシェアを取っています。

 

では、どのようなサービスが上手くいったでしょうか??

 

 

■あのビジネスモデルが大成功した理由

 

代表的な例があります。

そのビジネスモデルは何でしょうか??

 

 

オンラインサロン会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー