「その場を制する」ためにたった1つの簡単な方法

2017.10.09

 

今日は

「優位性」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

ビジネスでは

「様々な人と接点」

があります。

 

 

お客さんとの接点

上司との接点

同僚との接点

と様々な接点があります。

 

 

もしこの関係性で

「優位性」

を持てるとしたらどう思いますか?

 

 

もしかしたら

「ビジネスをうまく進める」

ということにつながるかもしれません。

 

 

 

今日は

「優位制をもつ」

ためのテクニックの1つに触れてみたいと思います。

 

 

 

まず1つ質問です。

「ビジネスのスタート」

とは何でしょうか?

 

 

お客様先に訪問した時に

「一番最初にすること」

は何でしょうか?

 

 

名刺交換?

雑談?

資料を渡す?

 

それよりも当たり前にすることです。

 

 

それは

「挨拶」

です。

 

ここに

「優位性を創造するポイント」

があります。

 

 

そのポイントは

「相手より早く挨拶する」

ということです。

 

 

それだけ?

 

 

と思うかもしれませんが、このことで心理的に

「優位性を持つ」

ことができるようになります。

 

 

例えば

「相手が先に大きな声で挨拶をしてきた」

とします。

 

 

そんな時、どんな心理になりますか?

 

 

「大きな声であいさつをしなければ」

という気持ちになるのではないでしょうか?

 

 

逆に大きな声を出してはいけないかのように

「小さな声」

で挨拶をしてきたときはどうでしょうか?

 

そのときも同様です。

 

 

このようにお互いの接点の中で

「先に行動をする」

ということが後の行動に影響を与えます。

 

 

 

私もセミナーでこんな体験を良くします。

 

 

セミナーの最初のプログラムで

「一番最初に手をあげて発言した人」

というのは、プログラム中1番印象に残ります。

 

 

最初に行動したことで

「相手に与える印象が変わる」

ということです。

 

 

また

「誰かが手をあげれば、続いて他の人も上がります」

 

 

最初に行動したことで

「次の行動を導く」

ということです。

 

 

これには、わかりやすいこんな例があります。

 

 

「グループ内で自己紹介をしてください」

というワークのとき、各グループで自己紹介の内容が必ず異なります。

それはなぜか?

 

 

「各グループで最初に自己紹介をした人の項目」

これになぞって他の人が自己紹介をするからです。

 

 

「前の人に合わせなければならない」

という心理が働いているのです。

 

本当は違う内容を伝えたいにも拘わらず・・・

 

 

このように

「最初に行動する」

ということは

 

「その場をコントロールしている」

と言い換えられます。

 

 

一番最初に手を上げる

一番最初に発言する

一番最初に自己紹介をする

 

こうすることで、

「その後の印象や他者の行動を導くことができる」

というわけです。

 

 

 

結論は優位性を作るには

「相手より先に行動する」

ということです。

 

 

そのためにまず最初に

「挨拶からはじめる」

というところからスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

 

今日は

「優位性」

というテーマに触れてみました。

 

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー