「営業が嫌だな」と思った時に聞いて欲しい名言

2018.05.07

 

今日は

「営業の名言」

というテーマに触れたいと思います。

 

 

まずは

松下幸之助氏

の言葉です。

 

 

「無理に売るな。客の好むものも売るな。
客のためになるものを売れ。」

 

 

という言葉があります。

 

 

これ以外にも基本的には

「お客様にとっての価値」

を考えましょうという言葉が多くあります。

 

 

 

また

「どんなセールスパーソンでも触れた言葉」

があると思います。

 

 

 

商品を売るな

「自分自身を売りなさい」

という言葉です。

 

 

どんなものでも

「信頼されなければ買っていただくことはない」

という言葉です。

 

 

逆に信頼していただければ

「あなたの提案なら何でも受け入れます」

という関係になれることもあります。

 

 

その為には

お客様のことを考える

約束を守る

といった基本的なことの積み重ねになります。

 

 

しかしそうなるまでは

「時間がかかる」

ということもあります。

 

 

信頼どころか

「忌み嫌われる存在」

であるかもしれません。

 

 

どうしても

「営業/セールスマン」

というものにはイメージがついてしまいます。

 

 

「だますのではないか」

「言葉巧みに言いくるめられるのではないか」

「大切なお金を奪っていくのではないか」

 

こんなイメージがいまだにあるかもしれません。

 

 

実際に

「心無いセールス」

をされて、このような想いをした人もいるかもしれません。

 

 

私も社会人1年目は

「新規の飛び込み営業」

をしておりました。

 

 

その時の経験で

「文字通り塩を投げられた」

ということがあります。

 

 

本当に

「営業が嫌いな社長様」

だったのでしょう。

 

 

当時は非常につらかったのですが、今では良い経験です。

 

 

 

営業というのはこのように

「ネガティブな評価」

「ネガティブな反応」

「ネガティブな対応」

をされることもあります。

 

 

そのため、営業という職種が

「嫌だ」

「やめたい」

と思う人も少なくありません。

 

 

それどころか

「営業に配置されたからやめてしまう」

という話も聞いたりします。

 

 

そんな営業の方向けに

「別の明言」

があります。

 

 

「自分自身に売りなさい」

という言葉です。

 

 

自分自身

「を」

ではなく

 

自分自身

「に」

です。

 

 

市場にとって営業は

「血液」

であるという考え方があります。

 

 

政治家

弁護士

教師

他の職種の人が休んだとしても

 

 

「数か月は市場は動き続ける」

 

 

しかし全ての営業が一斉に休暇を取ったら

「市場は1か月も持たない」

と言われています。

 

 

もし営業が

「顧客に価値を創出しなければ」

全ての人が食べるのに困るであろうということです。

 

 

自分自身は

「それだけ大切な仕事を任されている」

という誇りをもって仕事しよう。

 

 

ということを表した言葉です。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

あなたの仕事は

「市場の血液」

ということです。

 

 

「営業が嫌だな」

と思ったとき、もしよかったら思い出してみてください。

 

 

今日は

「営業の名言」

というテーマに触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー