【ビジネスの公式】重要な仕事=「〇〇〇〇」に入るものは?

2019.12.23

 

ビジネスの公式 重要な仕事=「〇〇〇」

 

 

今日は
「重要な仕事」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

<index>

①ビジネスクイズ「重要な仕事」

②2人のCFO候補者 どちらを選びますか?

③ビジネスの公式 重要な仕事=「〇〇〇〇」

 

 

■ビジネスクイズ「重要な仕事とは?」

 

まず初めにクイズです。

 

 

仕事が重要になればなるほど
「〇〇」
に関連した問題が発生します。

 

この「〇〇」に入る言葉はわかりますか?

 

このコラムをご覧いたただいている方には、簡単かもしれませんね。

 

答えは
「行動」
です。

 

重要な仕事というのは
「役職が上になる」
ほど増えていくものです。

 

自らの強い意思で
「なにをするか」
「なにをさせるか」
を決めなければならないからです。

 

 

・やるべきこと

・やめるべきこと

この2種類の行動の決定が求められます。

 

 

組織の上にいる人は
「優れた手段を持ち、賢い人」
であることは疑うことはないでしょう

 

 

例えば
「CFO(最高財務責任者)」
であれば必ず持っている能力があります。

 

・バランスシートが読めない

・計算ができない

・資金を扱うすべを知らない

 

こんなことはありえないでしょう。

 

 

■2人にCFO候補者 どちらを選ぶかは一目瞭然

 

ではどこで差がついてくるのでしょうか?

 

それは
「対人関係に関する行動」
で変わってきます。

 

 

もしあなたが経営者で、2人のCFO候補から1人を選ぶとしたら・・・

 

 

Aの候補者

・会計の知識は並み

・社外の人と素晴らしい関係をもっている

・優秀な部下の管理に長けている

 

 

Bの候補者

・会計の知識がずば抜けている

・社外の人との関係が希薄

・頭脳明晰な部下を遠ざける

 

どちらを選びますか?

 

 

これは難しい選択ではないでしょう。

全員がAの候補者を選択することでしょう。

 

ビジネスにおいて必要な能力は
「専門能力<対人能力」
であることは間違いありません。

 

同じことをやったら
「必ず対人関係に関する行動が優れた人」
が勝つでしょう。

 

それはなぜかわかりますか?

 

 

■ビジネスの公式は=「〇〇〇」

 

その理由はこうです。

 

対人スキルが高い人は
「自分よりも優秀な人」
を上手くリードできるからです。

 

ずば抜けた知識を持つ人が
「優秀な人材を管理できる」
という保証はありません。

 

 

組織の上に行けば行くほど
「重要な仕事」
が増えると言いました。

 

つまり
「重要な仕事=行動に関すること」
となります。

 

「自身の行動と相手の行動を創り出せる」
このことが重要ということです。

 

もしあなたが
「自身の行動に関する問題」
に着目していないというのであれば・・・

 

「自分の仕事は重要でない」
と言っているのと同じことです。

 

どこまで自分の行動を重要視できていますか?

 

 

たいていの人は
「自己評価」
を高く見積もります。

 

これは脳科学で証明されている紛れもない事実です。

 

 

・私はこれだけ知識がある

・これだけ専門的なスキルがある

・こんな技術を持っている

 

しかしそれでは
「勝てない」
ということです。

 

特に
「重要な仕事」
においては顕著になるでしょう。

 

 

「重要な仕事になればなるほど、問題は行動に関するものになる」
ということが今日の記事の結論になります。

 

 

「自分がやっている仕事は重要だ!」
と言い切るのであれば、行動に関する要求が高いはずです。

 

 

あなたは「自身の行動」に自信を持てますか??

あなたは「誰かの行動」を創り出せていますか??

 

 

自身の能力開発に向き合っている人でも
「専門知識」
を身につけることにフォーカスしている人が多いのも事実です。

 

「正しい行動スキル」
を身につける時間をより多くるべきではないでしょうか?

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する「行動創造理論」は
脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動科学

 

これらの数多くの研究や知見を「ビジネスにおける行動」
に体系的に落とし込んだものです。

それを身につけ飛躍的に売上を伸ばすプログラムをご提供しています。

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「売上に繋がる研修を実施したい」
「確実にスキルが上がる研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムですね。

 

ビジネスで成果を出すというのは
「人の行動を継続的に変化させる仕組み」
を本能の行動に合わせ考えてあげればよいだけです。

 

このようなプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

ビジネスの課題をすべて解決できるようになるでしょう。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

今日は「重要な仕事」というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー