【値付けのクイズ】1枚のピザの値段を10倍にできますか?

2018.05.26

今日は

「値段」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

先日

あなたの「値付け」では儲からない2つの理由

という記事を書きました。

 

 

「儲からない値付けの方法」

というテーマの記事です。

 

 

この記事の中で

「100円のコーヒー」

「3,000円のコーヒー」

の違いに触れてみました。

 

 

今日は

「値付けの方法」

を思考法を使って考えてみます。

 

 

クイズ形式で進めてみましょう。

 

 

「1枚のピザを2倍の値段にする」

にはどうしたらよいでしょうか?

 

 

頭の体操です。

ぜひ考えてみて下さい。

 

どんな方法があるでしょうか?

 

 

サイズを変える 具材を豪華にする

トッピングをつける

個人別のサービスをつける

対応時間を深夜にする

提供時間を変える

パッケージを変える

 

いろいろ方法があります。

 

 

実際に

500円のピザ

5,000円のピザ

は存在します。

 

 

同じピザでも

「10倍の価格の差」

は市場に普通に存在します。

 

 

では、500円のピザを作っている人は

「5,000円のピザ」

は作れないのでしょうか?

 

 

決してそんなことはないでしょう。

 

 

その市場で

「500円」

で受け入れられているから、その商品を提供しているのです。

 

 

では自分の主力商品で

「倍の値段をつける方策」

を考えてみましょう。

 

 

どんな方策があるでしょうか?

少し考えてみてください。

 

 

私のセミナーの場合は

時間を伸ばす

人数を限定して個別コーチングにする

他の講師とコラボレーションする

ということが考えられるでしょうか?

 

 

実は値付けにも

「アイデア発想テクニック20」

の思考法が使えます。

 

 

アイデア発想テクニック20とは

 

 

【組み合わせる】

▢似たものを足してみ

▢異なるものを足してみる

▢関係ないものを足してみる

 

【減らしたり分けたりする】

▢引いてみる

▢分割してみる

▢分解してみる

▢特長的な部分を誇張してみる

 

【変化させる】

▢材質を変換してみる

▢顧客属性を変換してみる

▢ずらしてみる

▢反対にしてみる

▢色を変えてみる

▢形を変えてみる

▢大きくする

▢小さくする

▢固くしてみる

▢柔らかくしてみる

▢時間を長くしてみる

▢時間をみじかくしてみる

▢動きをつけてみる

 

 

ご自身の商材に

「20のテクニック」

を当てはめてみてはいかがでしょうか?

 

 

2倍ではなく

「10倍の値付け」

をして提案できる方策が思い浮かぶかもしれません。

 

 

そうすれば

利益額

利益率

は大きく改善することでしょう。

 

今日は

「値段」

というテーマに触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー