やりたいことが見つからないときには?

2017.08.06

 

今日は

「やりたいこと」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

セミナーで

「やりたいことは何ですか?」

と聞くといくつかは出るのですが、あまり数が出ないという人がいます。

 

 

また

「出してみたけれど、本当にやりたいことなのかな~?」

と首をかしげる人もいます。

 

 

意外と

「やりたいこと」

が見えていないということは珍しいことではありません。

 

 

 

今日は

「やりたいことが見える方法」

について触れてみます。

 

 

 

やり方は

「逆転の発想」

です。

 

「ネガティブ→ポジティブ」

にするというやり方です。

 

 

休みの日にあまり

「ネガティブ」

なことを考えてもよろしくないので、軽い気持ちで読んでみてください。

 

 

 

そのやり方ですがまず

「やりたくないことを書き出す」

ということです。

 

 

例えば

支払いの悪いお客さんと付き合いたくない

利益が少ない仕事をやりたくない

クレームを受けたくない

 

 

 

何でもいいです。

「やりたくないことをリスト化」

してみてください。

 

 

次にやりたくないことを

「ひっくりかえす」

ということをします。

 

 

「支払いが悪い」

→支払いが良いお客さんと付き合う

 

「利益が低い」

→利益率の高い仕事をしたい

 

「クレームが多い」

→クレームを受けない

 

 

こうしていくと

「やりたいことリスト」

が出来上がります。

 

 

人間は

「理想の状態になる」

よりも

「不快な状態から抜け出す」

ことが容易に想像できます。

 

またその欲求のほうが強いという心理傾向があります。

 

 

であれば

「不快な状況を確認する」

ところから始めるのが有効的です。

 

 

それを言い換えれば

「それがやりたいこと」

となります。

 

 

後はそれを

「実現するためにどうすればいいか」

を考えればいいのです。

 

 

「やりたいこと」

が見つかりにくいときは

 

「やりたくないこと」

を整理するといいでしょう。

 

 

やりたくないことは

「本当にあっさりでてくる」

はずですよ。

 

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー