クイズでわかる「問題解決に必要な4つのポイント」

2019.11.19

 

あらゆる場面で活用できる問題解決法

 

 

今日は
「問題解決」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

<index>

①「2つのクイズ」に共通する答えは?

② 問題解決で抑えるべき4つのポイント

③「営業」「人材育成」でも同様

 

 

■2つのクイズに共通する答えは何でしょう?

 

これからクイズを2つ出します。

ぜひ一緒に考えてみてください。

 

 

【問題1】以下の2つの共通点は何でしょうか?

Aスエズ運河

Bマゼラン海峡

 

 

【問題2】以下の2つの共通点は何でしょうか?

Aサーバー

Bネットワーク

 

 

ヒント:この2つのクイズの「答えは同じ」です。

 

 

「        」

何が答えでしょうか?

 

 

答えは「チョークポイント」です。

 

 

1問目は
「戦略的に重要な水路」
です。

 

2問目は
「サイバーセキュリティで重要なポイント」
です。

 

チョークとは「首」のことです。

言い換えれば「急所」となります。

 

 

格闘技で
「首を絞める」
という行為は反則です。

 

その反則を放置して置いたら
「死んでしまう」
からです。

 

ビジネスでも同様です。

放置していたら死んでしまう出来事ということになります。

 

つまり
「問題の本質」

になります。

 

プロレスと同様に放っておいたら
「企業がつぶれてしまう」
かもしれません。

 

 

■問題解決でおさえるべき4つのポイント

 

例えばあなたが輸送船の船長だとして
「運河が通れない」
となったらどうしますか?

 

「通れないから仕事にならない」
と放り出しはしないでしょう。

 

なぜ通れないと困るのか?

通れないとどんな影響が出るのか?

通れなくなった原因は何なのか?

通れるようになるにはどうしたらよいのか?

 

このように考えるはずです?

 

「運河が通れないです」
といって引き返すことはしていていは仕事にならないからです。

 

 

このポイントは全ての問題で共通します。

 

1この課題があるとなぜ困るのか?

2この課題を放置しておくとどんな影響が出るのか?

3この課題を創り出している原因は何か?

4この課題を解決するにはどうしたらよいか?

 

このように考えると
「論理的に問題解決の方法」
にたどり着くことができるでしょう。

 

このアプローチで行えば
「そもそも問題でなかった」
ことに気づくこともできます。

 

研修やコンサルティングンの際に
「〇〇に問題があります」
ということをよく聞きます。

 

その際に
「その問題があるとなぜ困るのですか?」
と聞くと大したことではないことに気づくことも多々あります。

 

当事者たちが思っているだけで、大したことない問題というのは数多く存在します。

 

 

■営業や研修でも同様に考えればOK!

 

これは
「自分の問題」
に対してだけではありません。

 

営業で
「お客様の課題」
に向き合うときも同様です。

 

大抵の営業は
「自分の製品の説明」
しかしません。

 

そんな中で
「上記の1~4」
を考えてくれている人がいたら、お客様にどう思われるでしょうか?

 

特に利得ではなく
「損失を回避するためにどうしたらよいかを考えてくれる」
としたらお客様からの信頼は非常に高いものなります。

 

このような商談の癖をつけると良いでしょう。

 

 

また
「人材育成」「研修」
でも同様です。

 

フィードバックのフレームで活用ができます。

 

 

フィードバックを受ける側に
「箱」
を用意してあげることができます。

 

4つのアプローチを行うことで
「気づき」
が生まれるでしょう。

 

さらに先行情報を付け加えれば
「導きたい方向」
に指導することも容易になります。

 

受講者や部下が自らの考えで

「変化をしなければならない」

「行動をしなければならない」

と変わっていくことでしょう。

 

 

単なるフレームではなく
「行動科学」
に基づいた課題解決アプローチと活用方法です。

 

ビジネスのあらゆる場面で使えるので、ぜひ活用してみてください。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する「行動創造理論」は
このような脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動科学

 

これらの数多くの研究や知見を「営業行動」に体系的に落とし込んだものです。

それを身につけ飛躍的に売上を伸ばすプログラムをご提供しています。

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「売上に繋がる営業研修を実施したい」
「確実に営業力が上がる営業研修はないか」

と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムですね。

 

営業で成果を出すというのは
「人の行動を継続的に変化させる仕組み」
を本能の行動に合わせ考えてあげればよいだけです。

 

このようなプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

ビジネスの課題をすべて解決できるようになるでしょう。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「問題解決」というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー