受注率が25%も向上したマネージャー研修の秘密とは?

2020.01.27

 

マネージャー研修で満たす必須条件

 

 

今日は
「マネージャーの行動」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

<index>

①ミドルマネージャーの役割は?

②世界トップクラスが実践するマネージメントシステム

③マネージメント研修で売上が25%も向上

 

 

■ミドルマネージャーの役割は?

 

中間管理職である
「マネージャーの業務」
は多岐にわたります。

 

・目標管理

・計画の策定

・部下の育成

・評価・査定

・承認・決済

・会議への出席

・情報伝達と共有

・労務管理と健康管理

・プレイングマネージャー

 

ざっとあげてもこれくらい出てきます。

 

企業によっては
「もっとたくさんの業務」
があるかもしれません。

 

もしあなたが管理者であったら
「どの業務に時間をとっているか?」
を確認してみてください。

 

 

1 自分のため

2 上司・会社のため

3 部下のため

 

どれでしょうか?

成果を残すためにはある業務の時間を増やす必要があります。

 

 

■世界トップクラスが実践するマネージメントシステム

 

世界トップクラスの営業組織のほとんどは
「部下のため」
の時間を6割以上費やしているという結果があります。

 

ある企業は特別なマネージメントシステムを採用しています。

 

それは
「80/80ルール」
というものです。

 

 

部下の営業のために
「マネージャーの時間を80%使う」

 

それによって
「編度報酬の80%を決定する」

このようなシステムです。

 

部下のために時間を使うことは
「企業の成功に不可欠」
という経営陣からの強いメッセージです。

 

しかし実際に
「部下をモチベートできるマネージャー」
はそれほど多くは見られません。

 

それは
「昇進の制度」
が関わっています。

 

一定の成績

一定の年齢

これにより昇進の機会としているからです。

 

 

自分の部下とチームをモチベートする

最適な行動に導く

というスキルはまた別の能力です。

 

 

営業成績を残せたから

一定の年齢に足したから

これらには全く関連性がありません。

 

ではそれを
「マネージャー研修」
で補っているかというとそうでもありません。

 

労務管理の仕組み

計画の立て方

 

これらにフォーカスした
「知識系の研修」
で終えている企業が多いのではないでしょうか?

 

マネージャー研修において
「部下をモチベートするスキル」
を向上させるプログラムを取り入れているところは少ないですね。

 

その結果何が起きるでしょうか?

 

自分の過去の経験による
「感覚と思い込みによる管理」
が始まります。

 

いつしか

「会議に出席する」

「その会議の資料を創る」

ことがマネージャーの業務になっていきます。

 

 

■マネージメント研修で売上が25%も向上

 

ある企業で行動創造理論による
「マネージャーのコーチングスキル」
を段階的に向上させるアプローチを取りました。

 

そうすると
「受注率が25%向上した」
という成果を創り出すことに成功しました。

 

 

共感コミュニケーション

科学的な行動管理

モチベーションの向上

といったスキルを重点的に伸ばした研修です。

 

 

マネージャ―の行動が変わると
「劇的に業績が変わる」
というのは想像がつくと思います。

 

「変化への対応の1つのアプローチ」
として検討してみてはいかがでしょうか?

 

特に今のマネージャー層は
「リーマンショックによる間接費の削減」
のあおりを受けている世代とも言えます。

 

改めて人材育成に投資しなければならないのかもしれません。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する「行動創造理論」は
脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動科学

 

これらの数多くの研究や知見を「ビジネスにおける行動」
に体系的に落とし込んだものです。

 

それを身につけ飛躍的に売上を伸ばすプログラムをご提供しています。

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「売上に繋がる研修を実施したい」
「確実にスキルが上がる研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムですね。

 

ビジネスで成果を出すというのは
「人の行動を継続的に変化させる仕組み」
を本能の行動に合わせ考えてあげればよいだけです。

 

このようなプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

ビジネスの課題をすべて解決できるようになるでしょう。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「マネージャーの行動」というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー