新しいアイデアが生まれる場所 女性1位はお風呂 男性は?

2018.10.08

 

今日は

「発想」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

今日は3連休最終日です。

最近は週休3日の企業」

もあるようですね。

 

 

中には

「休みの日用のお小遣い」

までくれる企業もあるそうです。

 

 

ただこれは

単純に効率化の成功

社員の満足度向上

というわけではなさそうです。

 

 

それは会社の外に出て

市場の動き

生活者の反応

を見てくることを目的としているものです。

 

 

オフィス改革によって

部署間のパーテーションが無くなる

自分の決まったデスクが無くなる

というような仕組みが取り入れられています。

 

 

これには

偶然的なコミュニケーション

を創り出す狙いがあります。

 

 

ここで

「新たな発想が生まれやすい場所」

というのを見てみましょう。

 

 

昔からアイデアは

「3上」

で生まれる言われています。

 

 

それは

馬上

枕上

厠上

と言われるものです。

 

 

現代はどうでしょうか?

 

 

男性のベスト3は

1トイレ

2お風呂

3車の中

 

 

女性のベスト3は

1布団の中

2お風呂

3歩行中

のようです。

 

 

昔も今も変わりません。

 

 

ただ

「オフィスにアイデアがある」

とは言えないようです。

 

 

私も定期的に

「新規ビジネスアイデアを持ち寄る」

ということを継続的に行っています。

 

 

このときの出てきた良いアイデアは

「デスクの前」

で発想されたものでないことが多いですね。

 

 

連休中のお出かけの時など

「アイデアの種」

がゴロゴロ転がっていると思います。

 

 

自分が生活者としてあったほうが良いと思うもの

市場のアイデアで自分のビジネスに応用できるもの

 

 

「休みの日まで仕事を考えるの?」

と思う人もいるかもしれませんね。

 

 

ただ普通に楽しむことに加えて

「違う視点でも見てみる」

とすることで楽しみが増えると思うのは私だけでしょうか?

 

 

まとめると

「アイデアや発想はデスクの前にはない」

ということです。

 

 

自分の生活のなかで

「発想できる場所」

を見つけておくと良いかもしれませんね。

 

 

今日は

「発想」

というテーマに触れてみました。

 

齋藤英人

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー