新シリーズ開始!あなたの話題が豊富になる「ビジネス寓話」

2018.05.19

 

今日は新シリーズをお送りいたします。

 

「ビジネス寓話シリーズ」

というものです。

 

「寓話」

という言葉をご存知だと思います。

 

辞書を引くと

教訓や処世訓・風刺などを,動物や他の事柄に託して語る物語

とあります。

 

平たく言えば

「何かしらの教訓があるもの」

 

これはすべて

「寓話」

といってよいと思います。

 

「真理や教訓」

というのは抽象的です。

 

もしかしたら

「イメージ」

することが難しいのかもしれません。

 

そこで

「寓話という物語」

で表現することで

 

「感情移入」

「共感」

「想像」

がしやすくなります。

 

自身が触れた

「教訓」

によって何かしらの

 

「行動」

が生まれるためには

 

「脳」

が上記の状態になることは不可欠です。

 

これは

「プレゼンテーションにおける鉄則」

と一緒ですね。

 

機能説明ではなく

「物語・ストーリー」

で伝えるということです。

 

私のプレゼンテーショントレーニングでも

「繰り返し行うプログラム」

になっています。

 

ストーリーは

「時系列」

「変化」

という2つの概念で組み合わせていきます。

 

時系列で表すのは

「現在→過去→現在」

と表現をします。

 

変化を表すには

「成功→課題→変化→成功」

と表現をします。

 

ダイエットの例で見てみましょう

 

現在

「60kg」

です。

 

しかし以前は

「90kg」

ありました。

 

健康診断では

「C判定」

ばかりです。

 

痩せなければと思いますが

「なかなか、実行できない」

そんな日々が続きました。

 

そんなある日

「近所に24時間のスポーツジム」

ができました。

 

オープニングキャンペーンで

「かなりお得に入会できる」

というものです。

 

凄く丁寧に勧誘をされたので

「思わず入会」

をしてしましまいました(笑)

 

そこでのトレーニングには

「ゲーム要素」

があって、楽しく続けることができました。

 

その結果

「60kg」

まで体重を落とすことができました。

 

次の

「健康診断」

が楽しみです。

 

ものすごく

「単純な物語」

で表現しました。

 

スポーツジムの営業の

「プレゼンテーション」

はこんな流れになるのかもしれないですね。

 

話しを

「寓話」

に戻しましょう。

 

いろいろな教訓を

「寓話(物語)」

にのせると非常に理解しやすくなります。

 

そんな

「ビジネス寓話」

をこのサイトの週末のコンテンツでお届けしていこうと思います。

 

今日は

「物語/プレゼンテーションの解説」

で記事スペースを取ってしまいました(笑)

 

まずは明日

「ビジネス寓話」

を1つお届けしたいと思います。

 

朝の3分間スピーチ

営業のアイスブレイク

などでも活用できると思います。

 

楽しみにしてお待ちいただけると嬉しいです。

 

今日は

「新シリーズのお話し」

「プレゼンテーション」

というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー