本当に簡単な客単価向上策 あるものを1つ加えるだけ

2018.06.23

 

今日は

「客単価向上策」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

売上の向上は

A 客数

B 客単価

どちらか、または両方を上げることが必要になります。

 

 

「新規客数を増やす」

というのはマーケティングで一番難しいことです。

 

 

それならば同じお客さんに

「800円使ってもらう」

よりも

 

「1000円使ってもらうにはどうしたらよいか」

を考えるほうが短期的に売上が向上します。

 

 

上記の例だと売上は

「20%」

変わってきます。

 

 

ではどうしていくのが良いでしょうか?

どんなアイデアがあるでしょうか?

 

 

わかりやすいので

「飲食店」

を例に考えてみましょう。

 

 

ランチに行ったとします。

 

 

メニューには

ランチメニュー 800円

デザートセット 1,000円

このようにあります。

 

 

お店の意図としては

「デザートセット」

の注文を増やしたいところでしょう。

 

 

ここに

「あることを1つ追加」

するとデザートセットの注文が増えます。

 

 

それは何でしょうか?

皆さんも少し考えてみてください。

 

 

デザートでなくても

サラダセット

ドリンクセット

でも良いです(笑)

 

 

メニューはあまり関係ありません。

 

 

正解は

「デザート単品500円」

と追記する

 

ということです。

 

 

ランチメニュー 800円

デザートセット 1,000円

デザート 500円

 

 

このように表記すると

「デザートセットがすごくお得」

に見えてくると思います。

 

 

「お得に見えるお客さんが多くなる」

ということは

 

「セットの注文が増える」

ということになり

 

「客単価」

が上がり

 

「売上が増える」

ということになります。

 

 

本当に細かいことですが、こだわっていくと

「売上向上の改善策」

というのは数多く存在します。

 

 

今日のアイデアを活用するには

「追加で注文してもらいたいもの」

「お客様が喜ぶもの」

は何かを考えることがスタートになります。

 

 

ただ

「セットにしなくても単価を確保できているもの」

これをあえてセットメニューにする必要はないかもしれません。

 

 

今日は

「客単価向上策」

というテーマに触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー