経営者や幹部ならすぐに答えられる「組織改革における3つのテーマ」

2020.10.02

 

改革でやるべきことは従業員を頑張らせることではない

 

 

今日は
「改革」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

<index>

①改革における3つのテーマとは?

②「3つの改革テーマ」の実行はどれが一番難しい?

③なぜスーパーの待機列はソーシャルディスタンスが取れるのか?

 

 

■改革における3つのテーマとは?

 

 

まず1つご質問です。

 

 

改革には
「3つのテーマ」
があります。

 

 

あなたはすぐにわかりましたか?

 

 

ビジネスで言えば
「業績拡大のために、何を変えればよいか」
ということです。

 

 

経営者や幹部の方ならすぐに答えられるはずです。

 

 

ビジネスは
「人・モノ・金・情報」
で構成されています。

 

 

改革を考えるとき
「ヒト・モノ・カネ・情報」
を考慮する必要があります。

 


中でも改革に関して言えば
「人・モノ・仕組み」
の3つとなります。

 

 

人の能力や配置を変える

商品やサービスの価値を変える

継続する仕組みを変える

 

 

■3つの改革テーマでどれが一番難しい?

 

 

では3つのテーマの中で
「改革の一番ハードルが高い」
テーマはどれでしょうか?

 

 

モノ

仕組み

 

 

3つの中で一番ハードルが高いのが
「モノ」
です。

 

 

いきなりケーキ屋がラーメン屋に
「業態変換」
したとしても上手くいかないでしょう。

 

 

新商品も
「市場を精査せずに投入」
すれば上手くいきません。

 

 

ただ残りの
「人と仕組み」
に関してはすぐに着手できます

 

 

「人も仕組みも変えるのは難しい…」
とお考えの方もいるかもしれません。

 

 

いきなりビジネスで考えると難しいかもしれません。

 

 

人と仕組みの変化について
「地域のごみ捨て」
で見てみましょう。

 

 

ある地域ではゴミ出しで困っていました。

 

 

「ごみを勝手に捨てる人が多い」

「カラスや猫が荒らしてしまう」

「町は汚く臭いもひどい」

 

 

どうにかしなければなりません。

あなたがこの町の責任者だったらどうしますか?

 

 

この地域では2つの方法を取りました。

 

 

1ごみを出す場所を線で示す

2ごみを出す曜日を決める

 

 

上記の2つをわかるように明記しました。

 

 

しばらくすると
「決まった日の、決まった場所にごみを出す」
ということが実現できました。

 


「きれいな街をつくる」
という目的を達成することができました。

 

 

しかし
「まだ仕組みとは言えない」
状態です。

 

 

ごみを出す日を示す看板

ごみを出す場所の線

 

 

「看板や戦が無くても実行できる状態」
になったら仕組みができたと言えます。

 

 

看板や線がある状態は
「できる」
という状態です。

 

 

何もなくてもできるのが
「当たり前になる」
という状態です。

 

 

当たり前の状態になって初めて
「仕組化ができた」
と言えるでしょう。

 

 

もしこの町に新しい住民が入ってきて
「私が前にいた町では火曜ではなく水曜がゴミ出しの日だった」
と言って勝手なことをしたらどうするでしょうか?

 

 

「この町では火曜日だからそこに合わせましょう」
と街をきれいに保つために、人の変革をしていくと思います。

 

 

そして1番大切なことは
「決まった日に、決まった場所にごみを出す」
ことではありません。

 

 

「街がきれいに保たれ続ける」
という成果です。

 

 

■なぜスーパーの待機列はソーシャルディスタンスが取れるのか?

 

 

身近な話で進めてきましたが
「会社の組織」
でも同じことです。

 

 

一度当てはめて考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

「人と仕組みの改革」
でできることは何でしょうか?

 

 

仕組みのお話は
「ソーシャルディスタンス」
で見てもよくわかります。

 

 

「スーパーのレジ待ち」
では距離が取れている

 

 

「駅エスカレーター」
では距離が保てない

 

 

2つの列の違いの理由はもうわかりますね?

 

 

その違いは
「線があるかどうか」
だけです。

 

 

スーパーの待機列には大抵
「線か脚のシルエット」
のシールが貼られています。

 

 

一方でエスカレーターには何もありません。

 

 

そのため
「人はこれまで通り1段だけ空けて乗る」
ことを繰り返しています。

 

 

2段開けるようなシールが貼られていたら
「多くの人は距離を空ける」
ことができるようになるでしょう。

 

 

人の行動は
「たった1枚のシール」
でかえることができます。

 

正しい行動のため
「環境を整えた」
ということです。

 

 

変革には
「まず環境を整え、出来る状態にする」
ことから始めると良いでしょう。

 

 

環境を整えることは
「経営者や幹部の役割」
です。

 

 

「スーパーの列の指示を出すシール」
もしばらくしたらはがしても大丈夫です。

 

 

少しずつシールの数を減らせば
「シールが無くても距離を取ることがでる」
となります。

 

 

できるを繰り返せば
「当たり前になる」
のが人の脳のメカニズムです。

 

 

言い換えれば
「行動のメカニズム」
です。

 

 

組織改革に必要なことは
「従業員を頑張らせる」
ことではありません。

 

 

あなたが
「環境を整える」
ことです。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する「行動創造理論」は
脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動科学

 

数多くの研究や知見を「ビジネス行動」
に体系的に落とし込んだ唯一の理論です。

知見を身につけ飛躍的に売上を伸ばすプログラムをご提供しています

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

売上に繋がる営業研修を実施したい」
「確実に行動が変わる研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムです。

 

 

ビジネスで成果を出すというのは
「人の行動を継続的に変化させる仕組み」
を本能の行動メカニズムに合わせてあげればよいだけです。

 

 

上記のプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

ビジネスの課題をすべて解決できるようになるでしょう。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「改革」というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー