自ら行動を変えるのと、言霊のチカラを借りるのはどちらが正解??

2022.09.17

あなたは言霊のチカラを信じていますか?それとも迷信だと思いますか?

 

 

今日は
「言霊の科学」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

<index>

①今のあなたの姿は、あなたの言葉で創られたものだった!?

②言霊によって飲み会の楽しみ方も変わるってホント!?

③ビジネスで一番ダメな言葉は「よく耳にする四字熟語」

 

 

■今のあなたの姿は、あなたの言葉で創られたものだった!?

 

 

アメリカの作家
「ジェームズ・レーン・アレン」
の言葉があります。

 

 

あなたが今日そこにいるのは

あなたの考え方がそこにあなたを連れてきたからだ

あなたが明日いる場所も、あなたの考え方が連れて行くところだろう

 

 

アレンの言葉は
「今のあなたが、あなたが考えてtるれて来たとこころ」
と言っています。

 

 

言い換えれば
「あなたが望んだとおりになっている」
ということです。

 

 

自己啓発的な言いまわしですが
「脳のメカニズム」
からしても、非常に的を射ている言葉です。

 

 

脳というのはイメージ出来ることにしか反応しません。

イメージしているのはあなた自身です。

 

 

あなたがイメージしたことに従って
「脳は意思決定と行動を選択させている」
ということです。

 

 

■言霊によって飲み会の楽しみ方も変わるってホント!?

 

 

自分の認識を明確に感じる時は
「アウトプット」
したときです。

 

 

紙に書いたり、口に出したり
「言葉に変換する」
ことがアウトプットです。

 

 

昔から”言霊”という言い方があります。

 

 

言葉に宿ると信じられた霊力。

発せられた言葉の内容どおりの状態にする力があると信じられていることです。

 

 

迷信と思う人も多いと思いますが
「科学的アプローチ」
でも信じることが出来ます。

 

 

1度言った言葉では変わりませんが
「言い続けていると現実になる」
というのはあながち間違いでもなさそうです。

 

 

Aさん「今日の飲み会が楽しいと良いのだが…」

Bさん「今日の飲み会は楽しみたい」

Cさん「今日の飲み会は楽しむぞ!」

 

 

さて、実際に飲み会に行って、誰が一番楽しめるでしょうか?

恐らくCさんが一番楽しめることでしょう。

 

 

「楽しむぞ!」
といって楽しい時間を想像すれば、脳がそのような行動を選択させます。

 

 

その結果
「楽しい飲み会になる」
ということです。

 

 

普段から楽しそうな人は
「あまりネガティブな発言をしていない」
ということに気づいているでしょうか?

 

 

あまり楽しそうでない人は
「ネガティブな発言が多い」
という傾向がありませんか?

 

 

少し視点を変えた
「言霊のチカラ」
と言えるでしょう。

 

 

「言い方を変えれば行動が変わる」

 

 

■ビジネスで一番ダメな言葉は「よく耳にする四字熟語」

 

 

ビジネスでも同様です。

あなたの組織ではどんな言葉が飛び交っていますか?

 

 

例えば
「四字熟語」
が組織で飛び交っていると危険信号です。

 

 

予算達成

顧客満足

新規開拓

情報共有

意識改革

経費削減

 

 

上記の四字熟語からは行動は創り出されません。

 

 

四字熟語自体には
「実体がないもの」
だからです。

 

 

イメージすることすらできません。

 

 

人はイメージできなければ
「決して行動をしない生き物」
ということを覚えておいてください。

 

 

私もコンサルティングや研修で
「アクションプラン」
を作ってもらうことが良くあります。

 

 

いくつかルールがあるのですが最後に
「~する」
と動詞で終わらせるように指示を出します。

 

 

名詞で終わらせるのと動詞で終わらせるとでは
「脳内の電気信号」
が異なります。

 

行動に変換されるのは動詞で終わらせることです。

たったこれだけで変化が生まれるなら、取り入れたほうが良いと思いませんか?

 

 

言霊は思い込みだけでなく
「科学的側面も備えている」
ということです。

 

 

行動を変えるのは難しくても、言葉を変えるのは簡単ではありませんか?

あとはあなたの脳が、適切な指示を出してくれることでしょう。

 

 

私の提唱する行動創造理論は
「脳のメカニズムを先回りし、楽が出来る理論」
と言っても良いですね。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する行動創造理論は
「科学を基軸とした営業理論」
です。


脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動経済学

 

上記のノーベル賞を取った研究や知見を「営業行動」に体系的に落とし込んだものです。

科学を基軸とした営業技術を身につけ、売上が飛躍的に伸びるプログラムです。

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「もっと売上に繋がる営業研修を実施したい」
「確実に営業力が上がる営業研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムです。

 

 

営業で成果を出すには
「人の本能の行動に合わせる」
だけです。

 

 

成約率が50%向上した

新規案件数が10倍に増えた

たった1か月で売上が4.6倍になった

 

 

上記の成果を導いたプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

売上に関する課題はすべて解決できるようになるでしょう。

すでに8,816人の営業が飛躍的に向上させました。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「言霊の科学」というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー