製品やサービスを0円で提供する方法は?

2017.06.05

 

今日は

「思考するチカラ」

について触れていきます。

 

 

少し前に話題になった著書

「フリー〈無料〉からお金を生み出す新戦略」

クリス・アンダーソン著

 

こちらはご存知でしょうか?

 

ここでは

「無料で製品やサービスを提供する方法」

を明らかにしています。

 

 

では身近に

「無料で製品を入手できたり、サービスを受けられる」

モノはどんなものがあるでしょうか?

 

 

 

少し考えてみてください。

ここで思考することが非常に重要です。

 

 

 

 

どんなサービスがあるでしょうか?

 

 

 

 

最近だと

「ホテルに宿泊すると無料でスマホが使い放題」

というサービスがあるようです。

 

通話も通信も無料で使い放題というサービスです。

こちらはどんなビジネスモデルなのでしょうか?

 

 

 

街には綺麗なバスの停留場が増えましたね。

あれも無料で建てられています。

どんなビジネスモデルでしょうか?

 

 

 

以前は携帯電話の端末は0円でした。

なぜ0円なのでしょうか?

これは分かりやすいかもしれないですね。

 

 

 

ネットではフリーソフトと呼ばれる無料で使えるアプリがあります。

これはなぜ無料で使えるのでしょうか?

 

 

このように

「無料」

で使えるサービスは非常に多いですね。

 

ユーザーからしてみれば

「無料で使える」

こんなありがたいことはありません。

 

 

 

もし自身の扱っている商品やサービスを

「無料で提供するには?」

ということを考えると、どのようなモデルが考えられますか?

 

「実現できるかどうか」

これはさておき、

 

「新しい枠組みで考えてみる」

ということが需要です。

 

 

今回の切り口は

「無料」

という切り口ですが、ビジネスには様々な切り口があります。

 

今扱っている製品やサービスにも

 

どんな使い方ができるか?

どんな提供方法があるか?

どんな機能が追加できるか?

 

と考えることはできます。

 

今の形が当たり前でも最終形でもないはずです。

 

 

「常に思考する」

ということが重要です。

 

そうすることで

「思考するチカラ」

が身についてきます。

 

 

 

 

最後にアインシュタインの言葉で締めたいと思います。

「私には特別な才能などありません。ただ好奇心が激しく強いだけです」

 

思考力の起点はどうやら

「好奇心」

にあるようです。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー