製品を反対から見ると何が見えますか?

2017.08.08

 

今日は

「製品開発の思考法」

について触れてみたいと思います。

 

 

先日

『やりたいことが見つからないときには』

という記事を書きました。

 

やりたいことを見つけるには

「やりたくないこと書き出す」

という内容です。

 

 

このやり方は

「製品開発」

にも応用が可能です。

 

 

まず現在の

「製品・サービスの欠点」

を列挙します。

 

 

例えば自動車であれば

燃費が悪い

加速がよくない

音がうるさい

などと言う点です。

 

 

サービス業では

接客がよくない

品ぞろえが悪い

お店が汚い

といった点です。

 

 

このように

「マイナス」

を出すことで改善すべき点が浮き彫りになってきます。

 

 

この製品をよくするには?

お店の売り上げを上げるには?

というテーマを考えるときに、欠点を列挙するほうが早いかもしれません。

 

人は良いところよりも不思議と

「課題」

のほうが目につきます。

 

皆さんも心当たりありませんか?

 

 

この思考法を

「欠点列挙法」

といいいます。

 

 

 

上げられた

「欠点」

をすべて変える必要はありません。

 

まずは

「優先順位」

をつけることが大切です。

 

そしてやるべきところから改善していけばよいのではないでしょうか?

 

 

 

また欠点を

「リフレーミング」

することで改善することができます。

 

 

「接客が悪い」

これをリフレーミングをすると

 

→最低限の接客

→お客さんのペースで楽しんでもらえるお店

 

 

このように

「弱みを強み」

に変換するものです。

 

コンセプトを変えるだけで

欠点ではなくなるかもしれません。

 

 

ちなみにこの

「リフレーミング」

はセールストークでも重要なポイントになります。

 

 

 

製品企画

セールスツール開発

 

の場面では

「良い点・差別化ポイント」

ばかりに目が行きがちです。

 

 

しかし

「選択するのは顧客」

です。

 

「顧客に選択されそうな理由」

だけでなく

 

「選択されない理由」

を知っておくことは重要です。

 

 

その視点を持つことが

「顧客の立場」

 になって考えるということだと思います。

 

 

今日は

「製品開発の思考法」

から

「コンセプトづくりのリフレーミング」

に触れてみました。

 

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー