「いい加減でやる気がない」社員を抱えたままテレワークに移行すると…

2020.07.31

 

今日は
「やる気無い社員が生まれる原因」
というテーマに触れてみます。

 

 

<index>

①えっ?やる気がないのは個人の問題ではない??

スタンフォード大学の組織経済学者ミルグロムの研究

③そしてやる気の出ない社員が取る行動とは

 

 

■えっ?やる気がないのは個人の問題ではない??

 

 

ビジネスを成功に導くためには
「実行可能な戦略と戦術」
が不可欠です。

 

 

では戦略と戦術があれば
「成功」
はできるでしょうか?

 

 

もちろん答えは
「No」
です。

 

 

では何が足りないのでしょうか?

 

 

実際に活動する人間がこんな人物だった無理でしょう。

 

 

いい加減である

やる気がない

また不正な行為を行う

 

 

これではどうしようもありません。

 

 

しかしこのような行為は
「個人の責任によるものではない」
とも言われています。

 

 

えっ??
と思われた方もいるでしょう。

 

 

この原因はキリがないほどあげられます。

それを明らかにした研究まであります。

 

 

■スタンフォード大学の組織経済学者ミルグロムの研究

 

 

ミルグロムは
「負の行動の原因は」
マネジメントにあることを突き詰めました。

 

 

計画を達成しようとする
「計画至上主義」
が従業員に対する負の効果があるとしています。

 

 

これを
「ディスインセンティブ効果」
と呼んでいます。

 

 

このマイナスの効果はたくさんあります。

 

—————————————

1確実にできることしか計画しない

2新しい課題や難しい課題を設定しない

3将来を考えればやるべきことでもやらない

4目先の利己的な行動に走る

5数字を操作して帳尻を合わせる

6計画通りに成果上がったようにごまかしが横行する

7計画達成のために手段を選ばなくなる

8計画を上回る成果を出しても見通しの甘さを指摘する

9達成困難な計画に引きあげられるのを恐れ成果を抑えてしまう

—————————————

 

 

日本企業では
「当たり前の情景」
といってもいいのかもしれません。

 

 

あなたの会社は大丈夫ですか??

 

 

これだけではありません。

 

—————————————

10 計画にあることしか実行しない

11 新たなチャンスやリスクがあっても対応しない

12 計画がうまくいかない理由を他部門や市場に押し付ける

13 収入がないのに支出だけは計画通り行う

—————————————

 

 

こんな問題も起きています。

 

 

もっと突き詰めていけば
「問題・課題」
は尽きることなく出てくるでしょう。

 

 

 

「計画至上主義」

「結果マネジメント」

これらが招いていることです。

 

 

 

では、こういう状況だと
「個人はどんな行動」
を取ると考えられるでしょうか?

 

 

■そしてやる気の出ない社員が取る行動とは

 

 

「後半主義」

「8掛主義」

 

 

こんな行動を取るようになります。

 

 

『後半主義』

月の前半はゆっくり行動する

一生懸命働くのは月の後半だけ

 

 

『8掛主義』

いつも全力投球をしない

8割くらいの実力しか出さない

2割はプールしておいて来月に備える

 

 

こういった行動に心当たりはないでしょうか?

自身、部下、同僚にいるかもしれません。

 

 

ただこれもすべて
「個人」
だけに責任がある話ではありません。

 

 

単純に結果だけでマネジメントする
「組織」
に責任があると言えるでしょう。

 

 

もしこの状況で
「テレワークが定着してしまったら…」
と想像してみてください。

 

 

後半主義

8掛け主義

 

 

こんなものでは済まないかもしれません。

 

 

今多くの組織に必要なのは
「行動マネジメント」
です。

 

 

行動のモニタリングができる

誤った行動を取り除ける

正しい行動が組織に広げられる

 

 

これが当たり前にできる
「環境を整える」
ことです。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する「行動創造理論」は
脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動科学

 

これらの数多くの研究や知見を「ビジネス行動」
に体系的に落とし込んだ唯一の理論です。

それを身につけ飛躍的に売上を伸ばすプログラムをご提供しています

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「売上に繋がる営業研修を実施したい」
「確実に営業力が上がる営業研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムですね。

 

 

ビジネスで成果を出すというのは
「人の行動を継続的に変化させる仕組み」
を本能の行動に合わせ考えてあげればよいだけです。

 

 

このようなプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

ビジネスの課題をすべて解決できるようになるでしょう。

 

 

特に今日の記事の
「行動マネジメント」
に特化したプログラムが非常にお問い合わせをいただいております。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

 

今日はやる気無い社員が生まれる原因に触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー