「コロナ下のビジネスを学ぶ」捨てられなかった服を手放した2つの理由

2020.05.18

 

コロナ下ビジネスが服の整理からなぜ学べるのか?

 

 

今日は
「身の回り品の処分」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

<index>

①本当に時間ができたから手放せたのでしょうか?

②手放させない脳のメカニズム「保有効果」

③ビジネスでも「着ない服」を手放す機会

 

 

■本当に時間ができたから手放せたのでしょうか?

 

 

「お家時間」
が増えて身の回り品の整理をしている人も多いでしょう。

 

 

ゴミの量が非常に増えているようです。

 

 

メルカリに出品する人が増え
「郵便局」
に大行列ができることも起きています。

 

「大量のゴミ」
「大量の出品」
が出るということは、それまで持っていたということです。

 

 

言い換えれば
「不要なもの」
を大事に抱えていたということになります。

 

 

本当に
「時間ができたから…」
という理由で手放せたのでしょうか?

 

 

自分のものを、手放せない理由を見ていきましょう。

 

 

■手放させない脳のメカニズム「保有効果」

 

身の回りの整理の品で代表的なのは
「着るもの」
でしょうか?

 

 

「まだ着られる」

「また着るかも」

 

このように考えて、中々手放せなかったことはありませんか?

 

 

「買った時の思い出」

「着ていた時の思い出」

 

 

これらが染みついていいるので
「なかなか手放せない」
ということかもしれません。

 

 

持っているものを中々捨てられないというのは
「ある脳のメカニズム」
が多く影響をしています。

 

 

それは
「保有効果」
と呼ばれているものです。

 

 

自分が持っているものに対して
「大きな価値を感じる」
というものです。

 

 

「大昔から生きるために手にした食料を大切にする」
という情報が私たちの脳に受け継がれているのでしょう。

 

 

この効果はあらゆる研究で明らかにされています。

 

 

同じマグカップでも
「自分のものと、他人のものでは、値付けが2倍以上異なる」
という研究結果もあります。

 

 

つまり身の回りを整理するのは
「より大きな損失を感じる」
ということです。

 

 

そのため
「まだ着られるかもしれない」
といってクローゼットやタンスに戻すことになります。

 

 

では、なぜ手放すことができたのでしょうか?

 

この理由は
「コロナ下のビジネス」
で非常に重要な気づきになります。

 

 

オンラインサロン会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー