あなたの弱みは愛される ワケあり品が正規品に勝った理由

2018.09.01

 

今日は

「ワケあり商品」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

「ワケあり商品」

にはどんなものがあるでしょうか?

 

 

割れた煎餅

まがったキュウリ

カステラの切り端

魚の切り出し

パンの耳

お中元ギフトのばら売り

 

 

以前はこのようなものに

「価値」

を見出されてはきませんでした。

 

 

しかし今では

味は変わらないのに安価

余計な手がかかっていないから安心

廃棄のロスが軽減できる

ということで、逆に人気が出ています。

 

 

もっと言えば

アウトレットモール

中古品販売市場

などもワケあり品市場と言えるでしょう。

 

 

通常このワケあり品というのは

「弱み」

となります。

 

 

商品の余り

品質基準を満たさない

技術が未成熟な人間の訓練

 

という部分です。

 

 

しかし

「視点を変える」

ことで十分強みに変えたという例です。

 

 

さて、みなさんの

「弱み」

はなんでしょうか?

 

 

例えば

仕事が遅い

がんこだ

信念がない

 

 

これらは

「弱み」

となりそうです。

 

 

ただこれを反対からみれば

「強み」

に変えることができます。

 

 

仕事が遅い→丁寧だ

がんこだ→信念がある

信念がない→協調性がある

 

 

これを脳科学では

「リフレーミング」

と呼びます。

 

 

このリフレーミングで重要なのは

「本質」

をみることです。

 

 

食べ物の本質は

「おいしく食べる」

ことにあります。

 

 

前述のワケあり品は

「本質を満たしている」

から強みになったということです。

 

 

またマーケティングの観点からも

「弱み」

というのは非常にチャンスととらえることができます。

 

 

「弱みは誰も注目していない点」

と言い換えることができます。

 

 

そこで見せ方を変えれば

「一瞬で強みに変えることができる」

ということです。

 

 

またたとえ

「弱みが強み」

に変わらなくても問題ありません。

 

 

××はできない

▢▢もできない

△△だってできない

 

 

でも

「〇〇だけはできる」

となれば大きな強みです。

 

 

私の場合は

「トレーニング受講者の行動を変えることだけはできる」

といったことでしょうか。

 

 

市場ではそのくらいのほうが受け入れられることは実感しています。

 

 

今は

「何でもできる=何にもできない」

と言われるほどです。

 

 

欠点だらけでも

「自分だけの武器」

を持てれば全く問題ありません。

 

 

それもとがっていればとがっているほどいいですね。

 

 

「大きな鉈<とがった針」

です。

 

 

「ワケあり品でも全然問題ない」

ということです。

 

 

ただ消費期限が近づいた

「見切り品」

になってはいけません。

 

 

これはまた全然違うカテゴリです。

 

 

今日は

「ワケあり品」

というテーマに触れてみました。

 

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー