これからの理想の経営者に求められる資質 第1位は?

2018.12.30

 

今日は

「これから求められるもの」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

①理想の経営者に求められる資質の変化

②新しいアイデア思考法

③オープンイノベーションの作り方

 

 

こんな調査結果がありました。

 

 

今までの理想の経営者に求められる資質

これからの理想の経営者に求められる資質

 

 

この2つを

現役の取締役

執行役員

にアンケートをしたものです。

(資料:JMA経営者のコンピテシーに関するアンケート)

 

 

【これまでに求められる資質】

1位 統率力

2位 本質を見極める力

3位 強烈な意思

4位 人心掌握力

5位 覚悟・腹の据り方

 

このような順位でした。

 

 

上位は

人間力

パワフルさ

このような項目が並んでいます。

 

 

ではこれらの項目は

「これから求められる資質」

に入っているでしょうか?

 

 

1位 統率力⇒15位

2位 本質を見極める力

3位 強烈な意思⇒14位

4位 人心掌握力⇒15位

5位 覚悟・腹の据り方⇒12位

 

 

このように

「逆に必要ない」

という結果が出ています。

 

 

言い換えれば

「旧式の経営者」

ということになります。

 

 

では

「これから求められる資質」

はどんな要素が選ばれているでしょうか?

 

 

1位 イノベーションへの気概

2位 変化への柔軟性

3位 本質を見極める力

4位 ビジョンを掲げる力

5位 過去からの脱却

 

このような順位となりました。

 

 

「思い浮かべる経営者像」

が大きく異なります。

 

 

これからの時代

「経営者は変化」

が必要になるということです。

 

 

しかし

「イノベーション」

と言っても簡単に新しいものを創り出せるわけではありません。

 

 

年を重ねるごとに

「発想力は低下する」

気がしてきます。

 

 

ただ

「新しいアイデア」

は思考法を活用すれば、見つけることができます。

 

 

新しいアイデアの定義は

「アイデア=既存のモノの組み合わせ」

です。

 

 

これまで

「ヒットしたもの」

を見ても同じように考えることができます。

 

 

例えば大ヒットしたセブンカフェは

「コンビニ+カフェ」

です。

 

 

このように

「2018年ヒット番付」

からも見てみましょう

 

 

スマホ決済=スマホ+クレジットカード

eスポーツ=ゲーム+スポーツ

新型クラウン=車+ネットワーク

もち麦おにぎり=おにぎり+健康

TikTok=動画+コミュニティ

 

 

このように

「既存のモノを組み合わせて新しい価値を創造する」

ということで生まれたものです。

 

 

まずは自分たちが持っているものを

「要素に分解」

してみるのも良いですね。

 

 

そこから

「別のものを組み合わせる」

ことができれば新しいアイデアの誕生です。

 

 

自社だけでなく他社とそれをすれば

「オープンイノベーション」

となります。

 

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~も2018年より

「オープンイノベーションプログラム ONEPIECEプロジェクト」

を発足しております。

 

 

このプロジェクトをさらに発展させていきたいですね。

私自身素晴らしい仲間と出会えることを期待しています。

 

 

今日は

「これから求められるもの」

というテーマに触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー