どうしたら人望を得られるのでしょうか?

2020.01.22

 

人望のある上司となる正しい方法

 

 

今日は
「人望のメカニズム」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

<index>

①あなたに人望はありますか?

②人の影響力を明らかにした「レイブンの研究」

③人望を得るために絶対に必要な3つの基盤

 

 

■あなたに人望はありますか?

 

あなたの上司はどんな人ですか?

またあなたが管理職だったらどんな上司ですか?

 

もしあなたの上司がこんな上司だったらどうでしょうか・・・

 

 

・下についていても学ぶことの無い上司

・人間的に尊敬できない上司

 

 

このような環境で仕事をするのは大変そうです。

もしかしたら転職を考えるレベルかもしれません。

 

 

もしあなたが上司だったら
「3つの質問」
にお答えください。

 

 

・部下から人望があると自信が持てない

・もっと人望が欲しいと思ったことはがある

・どうしたら人望がある人になれるのか知りたい

 

 

いずれかを少しでも思ったあなたに
「人望のメカニズム」
をご紹介いたします。

 

 

■人の影響力を明らかにしたレイブンの研究とは

 

これには心理学者レイブンの
「影響力の基盤
という研究で非常にわかりやすくまとめてあります。

 

【影響力の基盤】

 

人が人に影響力を及ぼすには
「6つの基盤」
があることが明らかになりました。

 

①報酬勢力

金銭的報酬、地位的報酬に基づく影響力

 

②強制勢力

減給、降格など罰を与えることに基づく影響力

 

③正当勢力

上司と部下という関係により影響力を及ぼすのが当然だと認識している影響力

 

④準拠勢力

部下の好意的感情に基づく影響力

 

⑤専門勢力

上司がある領域の経験が豊富で自分より上であると認めることによる影響力

 

⑥情報勢力

上司が情報通であり、有用な情報にアクセスできることによる影響力

 

 

この6つの基盤により「あなたの影響力」が決まります。

言い換えれば「人望の厚さ」ともいえるでしょう。

 

 

ではこの
「6つの性質の違い」
はどこにあるでしょうか?

 

 

①~③については
「地位がもたらすもの」
になります。

 

これはあなたが
「上司というポジション」
についた瞬間に得るチカラです。

 

 

この3つの基盤を振りかざして影響を与える人間

 

さてこの上司に
「人望」
はあると言えるでしょうか?

 

恐らく部下は従いますが
「仕方なく従う」
ということになるでしょう。

 

当然、人望を得ることはできないでしょう。

 

 

■人望を得るために絶対に必要な3つの基盤

 

人望を得るために大切なのはこの2つのチカラです。

 

⑤専門勢力

⑥情報勢力

 

 

そしてその結果
④準拠勢力
による影響力の基盤を身につけるということです。

 

こうすることであなたも
「人望のある上司」
になることができます。

 

 

すべての分野において

⑤専門勢力

⑥情報勢力

を備える必要はありません。

 

 

まずは1つでも身につけるところから始めてください。

 

1つでも優れた上司と認めれば
「部下の脳は他の部分も高く評価する」
こととなります。

 

この働きは
「ハロー効果」
と呼ばれるもので、無意識のうちの行為を創り出します。

 

つまり
④準拠勢力
が自動的に作られるメカニズムです。

 

 

少しテクニックを入れるとしたら
「何でも自分の得意な領域で考える」
ということです。

 

例えばあなたが営業をやってきたとします。

ある日コールセンターの部門の責任者になりました。

 

目の前に起ころあらゆる問題を
「営業で考えると・・・」
と置き換えてアウトプットしてみましょう。

 

表現の方法は多少工夫したほうが良いですが、ハロー効果は期待できます。

 

このように
「科学的に人望は作れる」
といったところでしょうか?

 

 

このメカニズムを理解していればこのような上司になれるでしょう。

 

・わからないことはわからないと言える

・任せるところは任せられる

・任せたからには責任を取る

 

どうでしょうか?

こんな上司には人望が集まると思いませんか?

 

 

全てを変えようとするから難しく感じて
「実際の行動が創られない」
となってしまいます。

 

険しい道であり、上手くいく想像ができなければ
「その道を進もう!」
などとは誰も思いません。

 

脳のメカニズムを理解すれば
「優先的に正しい行動を選択する」
ことができるようになります。

 

効果の出やすいダイエット

効果の出やすい筋トレ

これらも科学的に行ったほうが近道であるのと一緒です。

 

マネージメントも人が作ったテクノロジーです。

科学的なアプローチで実現するほうが良いでしょう。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する「行動創造理論」は
脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動科学

 

これらの数多くの研究や知見を「ビジネスにおける行動」
に体系的に落とし込んだものです。

 

それを身につけ飛躍的に売上を伸ばすプログラムをご提供しています。

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「売上に繋がる研修を実施したい」
「確実にスキルが上がる研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムですね。

 

ビジネスで成果を出すというのは
「人の行動を継続的に変化させる仕組み」
を本能の行動に合わせ考えてあげればよいだけです。

 

このようなプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

ビジネスの課題をすべて解決できるようになるでしょう。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「人望のメカニズム」について触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー