もしあなたが「営業が嫌だな…」と思った時に出会ってほしい名言

2021.05.04

 

営業を支える名言をご紹介します。

 

 

今日は
「営業の名言」
というテーマに触れたいと思います。

 

 

<index>

①営業に関する松下幸之助氏の名言

②営業が嫌われる存在と言われている明確な理由

③「それでも営業が嫌だ」という人を支える名言

 

 

■営業に関する松下幸之助氏の名言

 

 

まずは松下幸之助氏の言葉です。

 

 

「無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ。」

 

 

 

これ以外にも基本的には
「お客様にとっての価値」
を考えましょうという言葉が多くあります。

 

 

 

また
「どんなセールスパーソンでも触れた言葉」
があると思います。

 

 

 

商品を売るな
「自分自身を売りなさい」
という言葉です。

 

 

どんなものでも
「信頼されなければ買っていただくことはない」
という言葉です。

 

 

逆に信頼していただければ
「あなたの提案なら何でも受け入れます」
という関係になれることもあります。

 

 

必要なことは
「お客様の立場で考える」
「約束を守る」
といった基本的なことの積み重ねになります。

 

 

しかし関係性が高まるまでには
「時間がかかる」
ということもあります。

 

 

■営業が嫌われる存在と言われている明確な理由

 

 

営業は信頼どころか
「忌み嫌われる存在」
であるかもしれません。

 

 

そもそも
「営業/セールスマン」
というものにはマイナスなイメージがついています。

 

 

「だますのではないか」

「言葉巧みに言いくるめられるのではないか」

「大切なお金を奪っていくのではないか」

 

 

こんなイメージがもたれている仕事かもしれません。

 

 

実際に
「心無いセールス」
をされて、このような想いをした人もいるかもしれません。

 

 

ただこれは
「人の無意識の反応」
です。

 

 

「営業の提案を受け入れる」=「今までと違うことをする」
ということになります。

 

 

お客様にとって営業の提案を受け入れることは
「変化をする」
ということです。

 

 

実は人の脳というのは
「そもそも変化を好まない」
というメカニズムが存在しています。

 

 

そのため
「変化を進めてくる営業は警戒をしてしまう」
という本当的な防衛反応です。

 

 

私も社会人1年目は
「新規の飛び込み営業」
をしておりました。

 

 

その時の経験で
「文字通り塩を投げられた」
ということがあります。

 

 

本当に
「営業が嫌いな経営者」
だったのでしょう。

 

 

当時は非常につらかったのですが、今では良い経験です。

 

 

「ネガティブな評価」

「ネガティブな反応」

「ネガティブな対応」

 

 

営業は上記の対応をされることもあります。

 

 

そのため、営業という職種が
「嫌だ」「やめたい」
という人も少なくありません。

 

 

それどころか
「営業に配置されたからやめてしまう」
という話も聞いたりします。

 

 

ただ脳の無意識の反応だということです。

あなた自身が否定されたわけではありません。

 

 

■「それでも営業が嫌だ」という人を支える名言

 

 

しかし、それでも営業が嫌だという方向けに
「別の明言」
があります。

 

 

その言葉は
「自分自身に売りなさい」
という言葉です。

 

 

自分自身「を」
ではありません。

 

 

自分自身「に」
です。

 

 

どういうことでしょうか?

 

 

市場にとって営業は
「血液」
であるという考え方があります。

 

 

政治家

弁護士

教師

 

 

上記のような他の職種の人全てが休んだとしても
「数か月は市場は動き続ける」
ことは想像できるでしょう。

 

 

しかし全ての営業が一斉に休暇を取ったら
「市場は1か月も持たない」
と言われています。

 

 

もし営業が
「お客様に価値を創出しなければ」
全ての人が食べるのに困ってしまうということです。

 

 

営業である自分は
「それだけ大切な仕事を任されている」
という誇りをもって仕事しよう。

 

 

そんな言葉です。

 

 

あなたの仕事は
「市場の血液」
ということです。

 

 

もしいつか
「営業が嫌だな」
と思ったとき思い出してみてください。

 

 

私は行動創造理論を通じて
「営業が1つでも多くのお客様の課題を解決する」
お手伝いをしています。

 

 

科学を基軸とした営業術で
「お客様も営業も笑顔になれる世界」
を創り出しています。

 

 

私自身も営業として活動をしています。

多くの営業の方と出会い、一緒に市場を守っていきたいですね。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する「行動創造理論」は
脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動科学

 

上記の数多くの研究や知見を「営業行動」に体系的に落とし込んだものです。

行動変革スキルを身につけ、売上が飛躍的に伸びるプログラムです。

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「もっと売上に繋がる営業研修を実施したい」
「確実に営業力が上がる営業研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムです。

 

 

営業で成果を出すには
「人のを本能の行動に合わせる」
だけです。

 

 

成約率が50%向上した

新規案件数が10倍に増えた

たった1か月で売上が4.6倍になった

 

 

上記の成果を導いたプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

あなたの売上に関する課題をすべて解決できるようになるでしょう。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「営業の名言」というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー