正解すれば勝手に売上があがるクイズ「Tシャツを1枚でも多く販売する方法は?」

2020.03.30

 

客単価と成約率が飛躍的に向上するクイズ

 

 

今日は
「客単価」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

<index>

①売上を上げるには「売上5原則」を考える。

あなたが店長だったら?Tシャツを1枚でも多く販売して下さい。

伝えるタイミングで全く異なる「クロージング効果」

 

 

■売上を上げるには「売上5原則」を考える

 

売上を上げるには、2つの方向があります。

 

A客数

B客単価

いずれかもしくはその両方を向上させる必要があります。

 

 

そして
B客単価
を上げるには以下が必要になります。

 

 

B-1 購買回数を増やす

B-2 購買点数を増やす

B-3 購買単価を増やす

 

いずれかになります。

 

これは
「売上5原則」
と呼ばれるものです。

 

ちなみに客数をあげるのは以下の2つです。

A-1 新規客数を増やす

A-2 既存顧客流出率を減らす

 

 

今日は
B-2 購買点数を増やす
という点にフォーカスを当てて見ていきたいと思います。

 

■あなたが店長だったら?Tシャツを1枚でも多く販売して下さい。

 

上記のテーマを
「クイズ」
で考えてみましょう。

 

 

あなたが
「洋服屋さんの店長」
だったとします。

 

客単価を上げるために
「Tシャツを1枚でも多く売りたい」
と考えています。

 

さて、どのような方策を考えますか?

 

 

 

例えば購買点数を増やす例として
「スーツ販売のクロージング」
があります。

 

店頭で
「スーツ2着同時購入で1万円引」
といった広告を見たことはないでしょうか?

 

これにより
「2着目を購入してもらう」
ことで買い上げ点数価向上を実現するという販促施策です。

 

 

この施策は
「Tシャツを1枚でも多く販売する」
ということにも使えます。

 

 

例えばTシャツをもう1枚買うと
「20%オフ」
とすることで、買い上げ点数を増やすということです。

 

 

では、もう1つクイズです。

 

 

この施策の効果を
「最大限発揮する工夫」
があるとすればどんな工夫でしょうか?

 

成約率と客単価が飛躍的に向上する方法とは??

 

 

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー