ゴールと現在位置

2016.10.02

おはようございます。

レゾンデートル齋藤です。

 

 

今日は

「ゴールと現在位置」

というテーマに触れてます。

 

 

①目的地に行くのに昔も今も一緒のことをしている

②多くの企業で目標はあるけど「あれ」はない?

③ビジネストレーニングで解決していること

 

 

まずご質問です。

皆さんは電車や車で移動するとき、経路を調べますか?

 

 

私は電車で移動するときは

「乗り換え案内」

のようなアプリを使います。

 

 

車で移動するときは

「カーナビ」

を使って移動します。

 

こういったことは誰もが日常的に行っていることではないでしょうか?

 

 

スマホがなかった時代は、地図を印刷して出かけていました。

更にその前はポケット地図をカバンに、大型地図を車に入れていましたね。

その頃に比べると本当に便利になりました。

 

 

ただデジタルでもアナログでも使うツールは違えど、

「上記のすべての行動様式」

は一緒なんですよね?

 

 

何かわかりますか??

 

 

 

正解は

「出発地点と目的地を確認する。」

当たり前の話ですね。

 

 

どこかに行こうとするには、その目的地だけでなくどこから出発するかの認識が必要ですね。

では同じことを企業活動に置き換えるとどうでしょうか?

 

 

おそらく殆どの会社で、ビジョンにはじまり、ミッション、アクションプランという目的が設定されていますね。

 

 

では

「現在位置の入力」

はされているでしょうか?

 

 

今いる立ち位置は明確でしょうか?

 

 

色々な企業様とセミナーやコンサルティングを通じてお付き合いさせていただいておりますが、「目標」がない会社様とはお会いしたことはありません。

 

 

一方で

「現在位置」

を明確に把握されている企業様やメンバーには、意外とお会いする機会が少ない気がします。

 

 

目的地にたどり着くには、いま自分たちがどこにいるのか知っている必要があります。

当たり前の話です。

 

 

毎日通っている通勤の道や、良く行く会社などへの道程は調べなくてもたどり着けます。

3つのことが明確にわかっているからです。

 

 

1 目的地(ゴール)

2 現在位置

3 経路

企業活動に置き換えても一緒ですね。

これが明確になっているチームは強いですよね。

 

 

トレーニングの現場では

現在位置を知るにはどうしたら良い?

目的地にたどり着く方法は?

こういったことをツールを使いながら、個人と組織で明確にしております。

 

 

もちろん目的地で目標設定も取り扱います。

個人のアクションプランの策定などはセミナーでもやります。

企業の目標設定についてはコンサルティング業務の中で一緒に考えさせていただいております。

 

 

ちゃんとやれば、しっかりと効果と成果が出てきます。

どんどんこういう機会を作っていければと考えております。

 

 

このブログでも

現在位置を明確にする方法やツール

などをご紹介できればと考えております。

 

 

今日は「ゴールと現在位置」でした

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

 

 

9割の人が知らない、あなたが確実に選ばれる方法教えます

6名限定で特別公開! お申込みはお早めに!

 

【受講者の声】

「トレーニングで身につけたこと実行したら、本当に受注がとれた!」

「いつも高いと断られるのですが、20%増の金額で契約できた!」

「成約率を上げる方法が科学的に整理されているので私でもできた!」

 

 

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー