今度こそ!「やる気スイッチ」の勘違いを解決して行動を創ろう!

2020.07.06

 

「やる気スイッチ」の大きな勘違い

 

 

今日は
「タイミング」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

<index>

①相場の格言『まだはもうなり』から知ること

②相場の格言を「日々の行動」に当てはめると

③行動化学の鉄則「72時間の法則」

 

 

■相場の格言『まだはもうなり』から知ること

 

 

有名な相場の格言で
「まだはもうなり」
という言葉があります。

 

 

「まだ下がる、まだ上がる」

 

 

このように思っていると
「失敗」
をするという格言です。

 

 

 

すでに局面は変わっている

タイミングを逃している

 

 

このことを表した格言です。

 

 

これは
「相場に限った話ではない」
と思いませんか?

 

 

日々の意思決定

日々の行動

 

 

これらにすべて通ずる言葉です。

 

 

■相場の格言を「日々の行動」に当てはめると

 

 

やろうと思ったけど、まだいいかな

連絡しようと思ったけど、まだいいかな

報告しようと思ったけど、まだいいかな

 

 

こうしているうちに
「局面が変わり取り返しがつかない」
ということになりかねません。

 

 

「在庫の数字をまとないと・・・」
と思っても行動を起こさずに、結局やらなかった。

 

 

「そろそろあのお客さんに連絡しないと・・・」
と思っても行動を起こさずに、結局を連絡しなかった。

 

 

「ちょっとトラブルになったから上司に報告しないと」
と思っても報告せずに、火種が拡大してしまった。

 

 

こんな経験ないでしょうか?

 

 

まさに
「まだはもうなり」
です。

 

 

その他にも
「早く行動しなさい」
という格言はたくさんあります。

 

 

「鉄は熱いうちに打て」

「思い立ったが吉日」

「旨い物は宵に食え」

「思い立つ日に人神なし」

「今日なし得ることは明日に延ばすな」

「今日の一針、明日の十針」

 

 

このように
「行動のタイミング」
に関する格言は数多くあります。

 

 

「思っていただけ」
ではこの世界に何も生まれていません。

 

 

「行動に変換する」
事で初めて動き出します。

 

 

■行動化学の鉄則「72時間の法則」

 

 

行動心理学に
「72時間の法則」
というものがあります。

 

 

行動を起こそうと決めてから
「72時間以内」
に行動を起こさないと、その行動は生まれない。

 

 

こんな法則です。

 

 

正に文字通り
「72時間以内にやらないと、その思ったことは行われない」
ということです。

 

 

今日の記事はここまで
「ネガティブな視点」
で見てきました。

 

 

「まだ、と思っているうちに行動が消えてしまう」
という視点です。

 

 

しかし逆に見れば
「非常に単純なこと」
です。

 

 

72時間のうちに
「行動すればよいだけ」
です。

 

 

「全てを72時間のうちに終わらせる」
と考えると行動が生まれません。

 

 

この点を勘違いしている人が、結構います。

 

 

72時間以内に行動するには
「課題を細かくする」
ことが効果的です。

 

 

そうすると
「行動も細かくなる」
ことになります。

 

 

この行動は
「非常に簡単な行動」
です。

 

 

このように
「行動が創られる環境」
を整えればよいだけです。

 

 

行動を創り出すために
「頑張る」
必要はありません。

 

 

そんな無理をしたら続くわけがありません。

もっと楽な方法でクリアしていけばよいだけです。

 

 

よく言われる
「やる気スイッチ」
は意志のチカラとは無縁です。

 

 

「勝手に行動が創られる環境づくり」
です。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する「行動創造理論」は
脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動科学

 

これらの数多くの研究や知見を「営業行動」
に体系的に落とし込んだ唯一の理論。

それを身につけ飛躍的に売上を伸ばすプログラムをご提供しています

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「売上に繋がる営業研修を実施したい」
「確実に営業力が上がる営業研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムですね。

 

 

ビジネスで成果を出すというのは
「人の行動を継続的に変化させる仕組み」
を本能の行動に合わせ考えてあげればよいだけです。

 

 

このようなプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

ビジネスの課題をすべて解決できるようになるでしょう。

 

 

研修も対面型だけでなく、オンライン型でご案内も可能です。

オンラインだからこそできるプログラムをお届けいたします。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「72時間」というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー