全員に必要なハンバーガーの「売り」を持っていますか?

2018.08.11

 

今日は

「売り」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

では1つご質問です。

 

 

マクドナルドの売りは何だと思いますか?

 

商品企画力

価格

マーケティング

 

いろいろ意見はあるかもしれません。

 

 

確実に言えるのは

「他のハンバーガーショップよりも早い」

という大きな売りです。

 

 

ドライブスルーという業態を支えているのも

「早さ」

です。

 

 

美味しいハンバーガーは

「世の中に数多く」

あります。

 

 

しかしマクドナルドよりも

「早く出す」

というお店は存在していませんでした。

 

 

 

「特急と各駅」

どちらが高いですか?

 

 

「高速と一般道」

どちらがお金がかかりますか?

 

 

「速達と郵便」

どちらが高いでしょうか?

 

 

この

「早い」

というのは価値になります。

 

 

同じ仕事でも

「半日で終わらせる人」

「3日かかる人」

ではどちらが評価されるでしょうか?

 

 

見積り依頼をして

「すぐに返事をくれる担当者」

「中々返ってこない担当者」

どちらが信頼できるでしょうか?

 

 

仕事を早くするには

「何が必要だと思いますか?」

 

 

スキルもさることながら

「事前準備」

です。

 

 

このような依頼が来たらこうしようと

「想定をしておく」

としておけば段取りができ、仕事も早く進みます。

 

 

必要な資料や情報を

「すぐに引き出せるように」

整理整頓ができていれば仕事にすぐに取り掛かれます。

 

 

準備をしておけば

「早さ」

というものは創られます。

 

 

マクドナルドの早さも

「従業員のスキル」

で支えられているものではありません。

 

 

「オペレーションシステム=環境」

に支えられているものです。

 

 

「こうしたら1秒でも早くご提供できる」

という仮説と検証を繰り返して実現しているものです。

 

 

「早さ」

というのは確実に売りになります。

 

 

逆にのんびりしていると

「仕事ができなさそう」

とまで思われてしまうかもしれません。

 

 

しっかりとした事前準備で

「早さを担保できるビジネスパーソン」

を目指してみるのも良いですね。

 

 

今日は

「売り」

というテーマに触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

 

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー