問題解決に逆効果!?マネージャーがやってはいけないこと

2020.03.10

 

今日は
「問題解決の方法」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

<index>

①60cmの穴が開いていたらどのように埋めるか?

②人が問題に目を向けてしまう事実をご存知ですか?

③問題解決を正しい方向に向かわせるスイッチの質問

 

 

■60cmの穴が開いていたらどのように埋めるか?

 

1つご質問です。

「もし壁に60cmの穴が開いていたらどうしますか?」

 

ほとんどの人は
「60cmの穴を埋める」
と答えるでしょう。

 

これは当たり前の話です。

なぜわざわざこのような質問をするのかと思うかもしれません。

 

 

「当たり前だと思う」
ことこそが行動メカニズムです。

 

実際に問題解決の際して
「60cmの穴をふさごうとするプロセス」
というのは間違いを引き起こすことが多くあります。

 

 

この60cmの穴の例は
「問題を分析する際に、大きさに見合った解決策を探そうとする」
ということです。

 

ビジネス上の問題に対しても
「同様のアプローチ」
を無意識に行っていることでしょう。

 

しかし問題解決に重要なことは
「問題と同じ大きさの解決策を見つける」
アプローチでは解決しないということです。

 

 

■人が問題に目を向けてしまう事実をご存知ですか?

 

このコラムでこのような記事を書きました。

 

行動を変える真実が判明!魔法のプロセスが子供を救った日

 

 

ここでは
「栄養不足の子供を救う」
という内容です。

 

衛生状態が悪い

貧困は蔓延

制浄水は普及していない

地方の人々は栄養に無知

 

このようなことが問題でした。

しかし、それを解決しようとしたら子供は栄養不足のままだったでしょう。

 

 

大切なのは
「今上手くいっていることは?」
と問いかけることです。

 

このスイッチを入れない限り
「問題と同じ大きさの解決策を探す」
という自動的な反応を繰り返すだけです。

 

その結果、次々と問題を見つけるようになります。

 

 

売上が上がらないのは営業力がないから

そもそも、管理するマネージャーが悪いから

管理するための情報するプラットフォームがないから

 

ではどこから手を付けて良いのか?
ということになるでしょう。

 

その結果
「優先順位がわかるまで現状維持」
と問題解決を放棄することになります。

 

 

しかし
「問題を探してしまう」
というのは人が無意識で自動的に行う意思決定です。

 

 

「人が問題に目を向けてしまう事実」
を明らかにしたものがあります。

 

それは何でしょうか?

 

 

オンラインサロン会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー