若手社員がなぜやる気がないのか?その要因は「万能感」

2019.11.20

 

若い社員がやる気がない理由「万能感」

 

 

今日は
「万能感」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

<index>

①「万能感」というのは良い言葉??

②大人になっても「万能感」をもっているとどうなるか

③やる気の出ない社員の完成

 

 

■「万能感」というのは良い言葉??

 

この万能感は若手社員が良く持っています。

 

「万能」というと優秀な人のイメージがあります。

 

端的に言えば
「すべてに優れている人」
「何でもできる人」
と言い換えられるかもしれません。

 

では
「万能感」
というのはどんな意味になるでしょうか?

 

これは
「あたかも自分が何でもできる」
「何でも手に入れることができる」
と思っている状態を指します。

 

この状態は
「自信に満ち溢れてよい状態」
というわけではありません。

 

若手社員たちの
「非常によくない状態」
を指した言葉です。

 

やる気がない若手社員は万能感が強いせいかもしれません。

 

 

万能感は元々
「幼児期、児童期に強く持っている感覚」
です。

 

通常は成長していくにつれて薄れていくものです。

青年期には薄れていくのが一般的です。

 

しかし若い社員たちにおいては
「大人になっても幼児期、児童期並みの万能感を持つ人が多い」
とされています。

 

若手社員たちが持つ
「延長された万能感」
はどんな弊害をもたらすでしょうか?

 

 

■大人になっても「万能感」を持っているとどうなるのか?

 

万能感の一番怖いところは
「全てのものは容易に手に入る」
と考えてしまうところです。

 

若手社員たちがこのように思っているとどうなるでしょうか?

 

万能感により
「努力をしない」
「努力を知らない」
人になってしまいます。

 

 

大人になっても万能感が消えない大きな要因に育ってきた時代背景にあります。

 

大きな要因の1つは
「小さいころから何でも与えられてきた」
ことです。

 

このことが若手社員たちの万能感延長の要因の一つです。

 

 

また教育現場からの
「競争排除」
も要因の1つです。

 

今の若手社員たちは

比べられることがない

競争相手も少ない

このような環境で学生時代を過ごしてきた人が多くいます。

 

 

この環境では
「進学・進級が容易にできる」
という時代を過ごしてきました。

 

スポーツの世界を想像してもらえばわかります。

競争がある環境とない環境では、どちらが選手のチカラが伸びるでしょうか?

 

このように今の若い世代は
「万能感の延長」
が起こりやすい環境で過ごしてきたということです。

 

そしてそのままビジネスの世界に入ってきたということになります。

 

 

■やる気のない若手社員の完成

 

学生のうちは「万能感」ですごしてきても良かったと思います。

 

しかし
「社会に出た瞬間」
その人を取り巻く環境は一変します。

 

それまで

「努力をしなくても良かった」

「至れり尽くせりで何でも手に入った」

状況ではなくなります。

 

 

「自分のことは自分で決めなければならない」

これは社会人の大前提です。

 

しかし上司や先輩たちはこう思うことがあるはずです。

 

「そんなことも決められないの?」

「そんなこと聞いてくる?」

 

 

さらにビジネスでは
「自分以外のことの意思決定」
も数多くしていかなければなりません。

 

正に
「選択の連続」
です。

 

先日の記事でも書きましたが
「まばたきの回数より意思決定の回数は多い」
ですからね。

参考:人が必ず一日に35,000回もすることとは?

 

 

これだけ多くの意思決定をビジネスパーソンは求められています。

 

しかし若手社員はその経験がないので
「どうしてよいかわからない」
となります。

 

わからない状態が続くと、人の脳はどのような選択をするでしょうか?

 

それは
「何もやらない」
という選択を取ります。

 

そもそも脳は
「自動的に居心地の良い状態」
を探す器官でもあります。

 

その結果、若手社員たちは
「無気力状態」
に陥ることになります。

 

これでやる気がない若手社員が完成です。

 

更に怖いのはこの状態でも
「なんでも手に入る」
「思った通りになる」
と感じていることです。

 

 

元々
「自分ならできる」
というのは大切な感覚です。

 

自助努力でそれを成し遂げようとするのは
「有能感」
と心理学では言います。

 

 

若い社員から
「努力の仕方がわからない」
という言葉を聞くことがあるかもしれません。

 

その原因の多くは
「万能感」
にあるでしょう。

 

変化をさせるには
「無気力から脱却のアプローチ」
を根気よくとっていくしかないですね。

 

そのために必要なのは
「科学的な行動変革アプローチ」
になります。

 

若手社員向けの研修は
「階層別研修」
と呼ばれる知識レベルの研修がほとんどです。

 

ビジネスを進めていくうえで最低限必要なものです。

 

しかし多くの組織はそこまでで
「能力開発を本人任せ」
にしているということです。

 

ただそれでは万能感が強い若手社員は
「レバーが入ることはない」
でしょう。

 

若手社員自身に気づきを作る
「行動変革マネージメント」
を導入する必要があるでしょう。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する「行動創造理論」は
このような脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動科学

 

これらの数多くの研究や知見を「営業行動」
に体系的に落とし込んだものです。

 

それを身につけ飛躍的に売上を伸ばすプログラムをご提供しています。

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「売上に繋がる営業研修を実施したい」
「確実に営業力が上がる営業研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムですね。

 

営業で成果を出すというのは
「人の行動を継続的に変化させる仕組み」
を本能の行動に合わせ考えてあげればよいだけです。

 

このようなプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

ビジネスの課題をすべて解決できるようになるでしょう。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「万能感」をテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー