1番多い悩みは、1番シンプルな話で解決します 

2018.08.25

 

今日は

「ものすごくシンプルな話」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

凄くシンプルですが

「結構思い悩んでいる人」

が多いテーマかもしれません。

 

 

では

「人間関係」

に関するご質問です。

 

 

どちらが変えられるでしょうか?

またどちらが変えられないでしょうか?

 

1 自分

2 相手

 

 

変えられる=「自分」

変えられない=「相手」

というのは少し考えればわかることです。

 

 

対人関係でうまくいかない

その責任は相手にある

だから相手が悪い

 

 

このような思考ではこの問題は解決しません。

 

 

それは

「変わらないものを変えようとしているから」

です。

 

 

部下のマネジメント

仲間や友人との人間関係

恋人や夫婦のケンカ

 

 

こんな時

「相手を変えよう」

としても中々うまく行きません。

 

 

「自分が変わる」

ほうが早いですし、結果的にうまくいくでしょう。

 

 

もう1つご質問です。

 

 

「時間」

に関するご質問です。

 

 

どちらが変えられるでしょうか?

またどちらが変えられないでしょうか?

 

1 未来

2 過去

 

 

変えられる=「未来」

変えられない=「過去」

というのはすぐにわかることです。

 

 

後悔というのは

「過去を変えようとしている行為」

です。

 

 

一方で反省というのは

「未来を変えようとしている行為」

です。

 

 

後悔=ネガティブ

反省=ポジティブ

 

 

こんな響きなのは

「実現可能か不可能かの違い」

かもしれません。

 

 

過去は変わりません。

ただ未来は変わります。

 

 

その為に

「今できることをやる」

ということです。

 

 

先ほどの人間関係も同様です。

 

 

上手くいかなかった

ケンカをしてしまった

このような過去は変わりません。

 

 

だとすれば未来を創るために

「今自分が何をするか」

だけです。

 

 

今日の話は

「ものすごくシンプルで当たり前の話」

をしてしまいましたね。

 

 

ここ数日

「これらに関する相談」

を結構受けていたので、記事にしてみました。

 

 

今日は

「ものすごくシンプルな話」

というテーマに触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー