新事実!!「強みを伸ばす」「弱みを克服」を間違えたら…死という事実

2020.06.29

 

あなたが間違えた瞬間、組織は死を迎える!?

 

 

今日は
「戦い方の選択」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

<index>

①あなたは自分の強みと弱みを知っていますか?

②間違えたら即死!?強みと弱みはどちらを鍛えればよいか

③強みを伸ばすためにまず必要なことは?

 

 

■あなたは自分の強みと弱みを知っていますか?

 

 

あなたの
「得意なこと」
は何でしょうか?

 

 

また逆に
「苦手なこと」
はなんでしょうか?

 

 

得意なこと=強み

苦手なこと=弱み

 

このように置き換えることができます。

 

 

この強みと弱みというのは
「場面が変われば入れかわる」
ことがあります。

 

 

例えばサッカーの試合で
「守備力が強み」
というチームがあったとします。

 

 

同じ試合ですが
「攻められているときは守備力が強み」
となります。

 

 

しかし攻めているときは
「強み」
が発揮できません。

 

 

むしろ苦手な攻撃をすることで
「カウンター」
を受けてしまうかもしれません。

 

 

「守備力が決して強みにならない」
ということです。

 

 

 

■間違えたら即死!?強みと弱みはどちらを鍛えればよいか

 

 

ビジネスにおいても同様です。

 

 


「強み」「弱み」があります。

 

 

ではどちらを鍛えていけば良いでしょうか?

 

 

もちろん
「両方」
出来ればよいのですがそうもいかないでしょう。

 

 

実はこの選択肢を間違えると
「組織は死を迎える」
ことになります。

 

 

あなたが経営トップだったらどちらを選びますか?

 

 

オンラインサロン会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー