どんなに汚い部屋でも5分で片づける方法~行動創造理論を使うとこうなります~

2020.04.04

 

行動創造理論を日常で活用すると・・・

 

今日は
「汚い部屋を片付ける方法」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

<index>

①掃除をするとどんどん恐怖になる心理

②私たちは掃除の際に何を怖がっているのでしょう?

③このメカニズムをビジネスでの活用するには?

 

 

■掃除をするとどんどん恐怖になる心理

 

きれいな部屋と汚い部屋だったらどっちが好きですか?

多くの人はきれいな部屋だというでしょう。

 

中には
「散らかった部屋のほうが落ち着く」
と言い出す人もいるかもしれませんが・・・

 

しかし綺麗な部屋は好きでも
「掃除は嫌い」
という人も少なくはありません。

 

 

掃除をしても
「書類の山」
は積みあがってしまいました。

 

洗濯物の量も膨れあがりました・・・

食器棚の埃にも気づきました・・・

 

 

掃除をしても
「問題が悪化していく」
という状態です。

 

その恐怖に
「掃除をしたくなくなる」
というのは人間の自然の心理ともいえるでしょう。

 

 

■私たちは掃除の際に何を怖がっているのでしょう?

 

実際に掃除のときの行動は以下のものです。

 

 

コップを洗い食器棚に戻す

書類を棚にしまう

洗濯物を洗濯かごに入れる。

 

 

いずれの行動も
「恐怖」
が付きまとうものではありません。

 

 

では、なぜ恐怖とは何の縁もない
「なんでもない行動が組み合わさる」
と恐怖が生じるのでしょうか?

 

 

その1つの理由は
「家がきれいになるまで作業し続けなければならない」
と恐怖を抱いているからです。

 

 

「部屋がきれいになる」
という最終状態への長い道のりを想像するからです。

 

クローゼット

食器

カーペット

トイレ

ゴールにたどり着くまでに
「すべてに手を付けなければならない」
ことを思い浮かべます。

 

その瞬間に
「汚れた部屋のドア」
を開けることすら躊躇してしまいます。

 

「手に負えない問題」
と脳が感じているからです。

 

 

■あなたの脳が大好物なものを与えれば行動は創られる

 

人の行動を消していしまう
「長い道のりの恐怖」
です。

 

このままでは
「問題に手がつかない」
状態が続くことになります。

 

 

では少し視点を変えてみましょう。

 

 

あなたは
「老後に貯金をすることに恐怖を感じますか?」

 

恐らく恐怖とは無縁の行動です。

 

しかし
「ゴールに向けて行動を積み上げていく」
というのは掃除をして部屋を綺麗にするのと一緒です。

 

どのような違いを
「脳は感じている」
のでしょうか?

 

 

それは
「今よりも進んでいる」
という実感です。

 

老後の貯金は、口座に入れれば、金額が増えることが見えます。

 

視覚情報として
「先月より進んだ」
ということを確認できます。

 

そのため
「長い道のりでも進み続ける」
ということが可能になります。

 

 

家の掃除も、全てをやろうとするのではなく
「今よりもきれいにする」
とすればよいのです。

 

こうすることで
「あなたの脳は恐怖を感じる」
ということはなくなります。

 

 

実際にこのメカニズムを活用した
「掃除方法」
があります。

 

それは
「5分間お掃除法」
です。

 

部屋の片づけをする前に
「5分間のタイマー」
をセットします。

 

そして
「手あたり次第に掃除と片付け」
を進めていきます。

 

「ピピピっピピピっ」
と5分のタイマーが鳴りました。

 

ここで掃除は終了です。

何の未練も後悔もありません。

 

 

少なくともあなたが5分間手を付けた部分は
「確実に変化」
を創り出しました。

 

この短期の成果というのは
「あなたの脳」
が大好物なものです。

 

大好物なものを与えてあげれば、前に進ませることは難しくありません。

 

 

■このメカニズムをビジネスでの活用するには?

 

ここまで触れてきたのは
「脳のメカニズム」
です。

 

 

掃除や貯金だけに見られる行動ではありません。

当然ビジネスでも同様です。

 

ビジネスではどのように活用するのが有効でしょうか?

 

 

オンラインサロン会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー