もう失敗しない!あなたのダイエットも禁酒も必ず成功する「2つの組み合わせ」

2022.03.05

 

なぜあなたは目標を達成できないのか!?

 

 

今日は
「決して達成されない目標」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

<index>

①クイズ「この目標は果たして達成されるでしょうか?」

②具体的にしても「まだ達成されない目標」

③それでは私たちは目標を達成できなのか?

 

 

■クイズ「この目標は果たして達成されるでしょうか?」

 

 

新年の初めなどには
「新しい決意」
をすることもあるかもしれません。

 

 

たとえば…

 

 

ある男が
「もっと健康的な食生活を送ろう!」

といった目標を立てました。

 

 

男はこの時、心の中で
「スリムでスマートな自分」
を思い浮かべることでしょう。

 

 

そして同時に
「そんな姿になりたい」
と願います。

 

 

さて、この目標は達成されるでしょうか?

あなたならどう思いますか?

 

 

残念ながら
「心の奥底ではそんな決意はしていない」
ということがほとんどです。

 

 

元日から数日もした夜更けに
「魅力的なポテトチップスの袋」
に目が行ってしまいます。

 

 

この男の心の欲求は明らかです。

 

 

「ポテトチップスを口にほおばりたい」

 

 

残念柄男は欲求には逆らえません。

この時男の脳の中では、どんな答えを出しているのでしょうか?

 

 

木曜日はサラダを食べたし、金曜日はカロリーゼロの飲み物にした

ダイエットのやりすぎは禁物で、余計に続かない

今週は頑張ったからポテトチップスくらいいいじゃない

 

 

そして…ポテトチップスを食べ始めます。

 

 

驚きなのはそれでも男は
「健康的な食生活を送っている」
と思い込んでいるということです。

 

 

男の目標が達成されないのは
「あいまいさ」
があるからです。

 

 

・健康的な食生活

・スリムな身体

・血色の良い顔色

 

 

上記の目標には具体性がないので、残念ながら目標は達成されません。

 

 

あいまいな目標からは
「決して行動は創られない」
ことは明らかです。

 

 

■具体的にしても「まだ達成されない目標」

 

 

別の人の例を見てみましょう。

 

 

健康診断の数値が気になるから
「飲酒の量を抑えよう」
と考えました。

 

 

男は
「一晩にグラス1杯だけにする」

と目標を立てました。

 

 

この男の目標は先ほどよりも具体的ですね。

今度はうまくいきそうです。

 

 

しかし
「どうしても2杯以上飲みたい夜」
がやってきます。

 

 

すると
「境界があいまい」
になってきます。

 

 

グラス1杯のルールを守って
「グラスにあふれるほど」
注ぐかもしれません。

 

 

男の脳の中は
「うん、1杯のルールは破っていない!」

となります。

 

 

もしかしたら
「今度1杯も飲まない夜をつくるから、今日はいいだろう」
と心の中で取引をするかもしれません。

 

 

自分自身の行動のコントロールとなると
「法の抜け穴を悪用する」
悪徳弁護士のような振る舞いを始めるのです。

 

 

ポテトチップスの例も、
一杯のお酒の例も、
自分自身の行動を見事に正当化しています。

 

 

■では、私たちは目標を達成できないのか?

 

 

「あいまいな目標」

「自分自身の正当化」

2つが目標達成の妨げになることがわかりました。

 

 

まず必要なのは
「あいまいさを削ぎ落す」
ことです。

 

 

私たちには
「白黒の目標」

と呼ばれるものが必要になります。

 

 

オール・オア・ナッシングの目標です。

 

 

特に先ほどの例のような
「後戻りが心配」
な時ほど有効です。

 

 

禁酒であれば
「ワインは絶対に飲まない」
となります。

 

 

ダイエットであれば
「2度とポテトチップスを食べない」
ということになります。

 

 

しかしこの
「行動の設定」
はまったく楽しいものではありません。

 

 

私たちの行動は100%縛られたものになってしまいます。

 

 

ここで必要なのは
「感情の目的地」
です。

 

 

目的地にたどり着いたとき
「誇らしい自分」「楽しい自分」
でいられる設定が必要です。

 

 

「感情の目的地」×「白黒の目標」

 

 

2つの組み合わせを適切に行った時だけ目標達成ができます。

これは脳のメカニズムを活用した目標設定です。

 

 

ノーベル賞を取るような偉大な学者たちの
「数多くの行動科学の研究」
で明らかになっている事実です。

 

 

さて、あなたの目標はどうですか?

達成されるようにセットされていいるでしょうか?

 

 

ぜひ脳のメカニズムを先回りした目標設定をしてみてください。

 

 

私の提唱している
「行動創造理論」
はプライベートにも役立てることが出来ます。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する行動創造理論は
「科学を基軸とした営業理論」
です。


脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動経済学

 

上記のノーベル賞を取った研究や知見を「営業行動」に体系的に落とし込んだものです。

科学を基軸とした営業技術を身につけ、売上が飛躍的に伸びるプログラムです。

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「もっと売上に繋がる営業研修を実施したい」
「確実に営業力が上がる営業研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムです。

 

 

営業で成果を出すには
「人の本能の行動に合わせる」
だけです。

 

 

成約率が50%向上した

新規案件数が10倍に増えた

たった1か月で売上が4.6倍になった

 

 

上記の成果を導いたプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

売上に関する課題はすべて解決できるようになるでしょう。

すでに8,816人の営業が飛躍的に向上させました。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「決して達成されない目標」というテーマに触れてみました。

 

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー