もし悪いニュースばかり目につくなら危険のサイン!?「脳のGPSの故障かも」

2022.07.27

仕事が出来ない人は脳のGPS機能を全く活かせていない

 

 

今日は
「脳のGPS機能」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

<index>

①あなたが見るニュースは良いニュースと悪いニュースどちらが多い?

②あなたも身近に感じている「脳のGPSの機能」

③仕事が出来ない人が共通して持っていない「想像力」

 

 

■あなたが見るニュースは良いニュースと悪いニュースどちらが多い?

 

 

あなたは最近ニュースはご覧になりましたか?

 

 

最近のニュースはどちらが多いですか?

コロナ禍や戦争など大きなニュースを除いて、考えてみてください。

 

 

A 悪いニュースが多いと思う

B 良いニュースが多いと思う

 

 

あなたはどちらが多いと思いますか?

実はニュースの実際のニュースの数は、あなた自身には関係ありません。

 

 

同じ国で、同じ時間を過ごしていても
「脳の中の考えや信念によって、見えるニュースが変わる」
ということです。

 

 

もしあなたが
「悪いニュースが多い」
と感じたのであれば、メンタルのコンディションが悪いのかもしれません。

 

 

人の脳は
「あなたの信念や考え方だけに従って、情報を届けてくる」
事を繰り返します。

 

 

あなたが望もうとも、望まざるとも…

 

 

■あなたも身近に感じている「脳のGPSの機能」

 

 

もう少し身近な例を見てみましょう。

 

 

あなたは出張で
「空港」
にいるとします。

 

 

かなりの人がいて、騒音と見える音で満ちています。

人の声やアナウンスなど聞き取れないほどです。

 

 

しかしこんな状況でも
「あなたの乗る飛行機の搭乗案内」
だけは聞こえるはずです。

 

 

またあなたの名前を呼ばれて時でも一緒です。

 

 

別の例も見てみましょう。

 

 

あなたは
「新しい車」
を買おうと検討をしてます。

 

 

すると街に出ると
「欲しいのと同じ車ばかり目に留まる」
こととなるでしょう。

 

 

私も
「珍しいオレンジの車」
に乗っていたことがあります。

 

 

その時は、街を走るオレンジの車ばかり目に留まりました。

単純に目立つ色というのもありますが、黒い車に乗っていたときには全く気が付きませんでした。

 

 

「あの車が欲しい」
という意識が前面に出るため、他の情報はバッサリ切り落とされます。

 

 

あなたが買おうと決めた瞬間に、その車種の車が増えたわけではありません。

世界では前から同じ状況でした。

あなたの興味が変わっただけです。

 

 

もしあなたがその車から興味が無くなれば、あなたがその車を見かけることは無くなるでしょう。

 

 

■仕事が出来ない人が共通して持っていない「想像力」

 

 

今日の内容は
「ビジネスの想像力」
に大きく関わってきます。

 

 

残念ながら仕事が出来ない人は
「想像力に乏しい人」
が多いと言わざるを得ません。

 

 

あまり売上のあがらない営業

常に成績の良いトップセールス

 

 

2人の大きな違いも
「想像力」
になります。

 

 

売れているトップセールスは
「商談が成功している姿」
が明確に想像できています。

 

 

逆に売れない営業たちは
「お客様に断られる姿」
を想像することが多いでしょう。

 

 

脳は素晴らしいGPSがついているので
「想像しているゴール」
に導いてくれます。

 

 

途中のチェックポイントにも、気づきを与えてくれるでしょう。

 

 

つまり売れている営業は
「お客様との商談の中で重要なこと」
を見逃さずにキャッチできます。

 

 

売れていない営業は、何も気づかずスルーしています。

 

 

営業を例に出しましたがどんな職種でも
「想像力が乏しい人は仕事が出来ない」
といえます。

 

 

非常にもったいないことです。

 

 

脳に備わっている優秀な技術を使わないどころか
「間違って使われている」
こととなります。

 

 

「あいつは何も考えていない」
と愚痴をこぼすマネージャーもいますが、部下に想像力が無いからです。

 

 

ただ希望は
「想像力はトレーニングで鍛えられる」
モノだということです。

 

 

脳のメカニズムを先回りすることで
「想像力を高め仕事のスキルを伸ばす」
ことは可能です。

 

 

私の提唱している
「行動創造理論のトレーニング」
でも提供しているプログラムです。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する行動創造理論は
「科学を基軸とした営業理論」
です。


脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動経済学

 

上記のノーベル賞を取った研究や知見を「営業行動」に体系的に落とし込んだものです。

科学を基軸とした営業技術を身につけ、売上が飛躍的に伸びるプログラムです。

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「もっと売上に繋がる営業研修を実施したい」
「確実に営業力が上がる営業研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムです。

 

 

営業で成果を出すには
「人の本能の行動に合わせる」
だけです。

 

 

成約率が50%向上した

新規案件数が10倍に増えた

たった1か月で売上が4.6倍になった

 

 

上記の成果を導いたプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

売上に関する課題はすべて解決できるようになるでしょう。

すでに8,816人の営業が飛躍的に向上させました。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「脳のGPS機能」というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー