リーダーの移行で学ぶべき事例、90年前に世界を救った偉大なリーダーの「恐怖」

2023.01.18

組織の中でも重要な上級リーダーの移行期の特徴

 

 

今日は
「リーダーの移行と恐怖」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

<index>

①90年前に登場した経済を救った偉大なリーダーの話

②有名なルーズベルトの就任演説で語られた「恐怖」とは?

③まずリーダーの移行で行うべきは「恐怖の克服」

 

 

■90年前に登場した経済を救った偉大なリーダーの話

 

 

およそ90年ほど前の話です。

 

 

1929年アメリカの株式市場で大暴落が起こり
「世界恐慌」
が起こりました。

 

 

3年間でアメリカの株価は85%暴落

世界のGDPは15%減少

国際貿易も50%以上落ち込む

 

 

ちなみにリーマンショック時のGDPの減少は
「1%」
でした。

 

 

リーマンショックの時でさえ
「倒産する企業が数えきれないほど出た状況」
です。

 

 

世界恐慌の規模は、想像もできません。

 

 

こんな状況下でアメリカには
「稀代のリーダー」
が誕生したことで、今日につながっています。

 

 

アメリカ合衆国の大統領
「フランクリン・D・ルーズベルト」
です。

 

 

24時間以内に銀行システムを止め
「緊急銀行法」
を起案しました。

 

 

そして、1週間で金融パニックを収束させました。

 

 

歴史の勉強で誰もが覚えているであろう
「ニューディール政策」
によってアメリカ経済を救いました。

 

 

リーダーとしての移行とスピードは
「素晴らしいリーダー像」
として今に伝わっています。

 

 

■有名なルーズベルトの就任演説で語られた「恐怖」とは?

 

 

ルーズベルトの功績は
「リーダーの移行の中でももっとも有名なもの」
といって良いでしょう。

 

 

私たちの組織の中でも
「リーダーの存在」
はとても重要です。

 

 

そして多くの組織では
「リーダーが移行できない」
となり停滞を招くことがあります。

 

 

チャンスを見つけつかむことが出来るか?

適切な機会に強みを発揮できるか?

適切なチーム作りが出来るか?

持続可能な変革をが出来るか?

後継者を育てられるか?

 

 

もしあなたが上級職に就こうとする際には
「上記の問いに対して常に答え続けることになる」
ということです。

 

 

新たなリーダーに移行するには
「大きなリスク」
が伴います。

 

 

リスクに対しては必ず恐怖を感じることでしょう。

 

 

リーダーの移行に成功した
「有名なルーズベルトの就任演説」
はご存じでしょうか?

 

 

『我々が恐れなければならない唯一のものは、恐れそのものだ』

 

 

成功するためには
「スキルだけでなく、感情のコントロール」
も重要になります。

 

 

自分自身に対しても感情のコントロールが重要ですが
「組織のメンバーに対しても感情の制御」
は非常に重要です。

 

 

■まずリーダーの移行で行うべきは「恐怖の克服」

 

 

そもそも人は
「理屈では動かない」
という大前提にあります。

 

 

もしあなたが上級職のリーダーについたとき
「周りの人の感情」
はどんな状態でしょうか?

 

 

新たに就いたリーダーへの
「期待と不安」
があるでしょう。

 

 

あなたの部下も当然です。

あなたを指名した上司も同じです。

そしてあなた自身も同様です。

 

 

人の感情は期待よりも
「恐怖」
の方が大抵の場合勝ちます。

 

 

そして恐怖の感情は
「行動を止める」「逃走する」
という選択を勧めてきます。

 

 

リーダーの移行において初めに取り組みべきは
「恐怖そのもの」
なのでしょう。

 

 

ルーズベルト大統領は成功したため、有名事例となりました。

 

 

もし失敗という結果だったら、行ったことの90%が正しかったとしても事例にはならなかったでしょう。

 

 

もしかしたらルーズベルトの策の中にも
「大失敗をした例」
もあったかもしれません。

 

 

あなたが人の記憶に残るリーダーになるには
「恐怖に打ち勝ち成功するしかない」
ということです。

 

 

成功するためには
「自分と周りの人の脳のメカニズムを先回りする」
ことが一番近い道になるでしょう。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する行動創造理論は
「科学を基軸とした営業理論」
です。


脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動経済学

 

上記のノーベル賞を取った研究や知見を「営業行動」に体系的に落とし込んだものです。

科学を基軸とした営業技術を身につけ、売上が飛躍的に伸びるプログラムです。

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「もっと売上に繋がる営業研修を実施したい」
「確実に営業力が上がる営業研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムです。

 

 

営業で成果を出すには
「人の本能の行動に合わせる」
だけです。

 

 

成約率が50%向上した

新規案件数が10倍に増えた

たった1か月で売上が4.6倍になった

 

 

上記の成果を導いたプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

売上に関する課題はすべて解決できるようになるでしょう。

すでに8,816人の営業が飛躍的に向上させました。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「リーダーの移行と恐怖」というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー