仕事の起点は相談から コンサルタントが駆使するもの

2018.11.09

 

今日は

「相談」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

1仕事の起点は「相談」から

2コンサルタントの問題解決術

3相談結果が変わる「〇〇」

 

 

私たちはこれまでに

「数多くの相談」

を受けてきたと思います。

 

 

会議での相談

食事の席での相談

電話やメールを通じての相談

 

 

お客様から

部下や同僚から

上司から

 

 

仕事の起点は

「相談」

から始まっていると言っても良いかもしれません。

 

 

その時に

「どんな対応ができるか」

がビジネススキルとしてはとても重要です。

 

 

相談をされて

「役に立つことができた」

と振り返るものもあれば

 

 

相談をされて

「あまり役立つことができなかった」

と振り返ることもあるでしょう。

 

 

この違いはどこにあるのでしょうか?

 

 

相談をするというのは

「問題解決をする必要がある」

ということです。

 

 

問題解決するのは

「科学的に方法が確立されている」

といえます。

 

 

問題解決の

「メカニズム」

と言えるものです。

 

 

優秀なコンサルタントたちは

「このメカニズムを駆使している」

ということです。

 

 

今日はそのメカニズムの中でも重要な

「主語」

という点に触れてみます。

 

 

相談を受けたときに

「どんな主語」

を使っていますか?

 

 

私(I)

相手(You)

どちらでしょうか?

 

 

問題解決するのは

「相手(You)」

です。

 

 

それならば

「徹頭徹尾」

主語はYouでなければなりません。

 

 

問題解決をするには相手が

 

1問題の複雑さを理解し

2その場しのぎの対応や反射的な行動をやめて

3本当の原因に対処すること

です。

 

 

これを意識して相談に乗れた時に

「役に立つことができた」

となります。

 

 

大原則として

「答えは自分(I)が出すものではない」

ということです。

 

 

相談を受けたときに

「自分の意見を押し付ける」

ことをしてしまえば役に立てたと言えないでしょう。

 

 

トレーニングのオファーでもお客様から

「コンサルティングセールスにして欲しい」

というオファーが非常に増えています。

 

 

そのトレーニングを通じて受講者が

「主語を変える」

プログラムによって大きく変化していくことが実感できます。

 

 

ぜひ一度

「主語」

を意識して相談に乗ってみるのはいかがでしょうか?

 

 

今日は

「相談」

というテーマに触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー