占いランキング 1つだけ視点が違うことに気づいていますか?

2018.06.30

 

今日は

「選ぶと探す」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

日本人は

「占い」

が大好きです。

 

 

血液型

星座

干支

このような占いがあります。

 

 

毎日、どのテレビ局でも

「今日の占い」

というものを放映しています。

 

 

家の外でも

「デジタルサイネージ」

で占いが流れています。

 

 

さてこの占いですが

「普通と違う視点」

が存在します。

 

 

それは何でしょうか?

 

 

例えば何かのランキングを見た時、通常は

「1位は何か」

を気にするはずです。

 

 

しかし占いランキングで

「今日の1位は何座かな?」

などと見る人はいないでしょう。

 

 

自分の星座は何位か?

ラッキーアイテムは何か?

などと言うことを探します。

 

 

これは

「自分向けの情報」

とわかっているからです。

 

 

情報を

「選ぶ」

のではなく

 

「探す」

という行動になります。

 

 

これを使っている商品はたくさんあります。

 

 

お土産屋さんに多いのかもしれません。

 

 

「ご当地グッズ」

だけでは弱いのでしょう。

 

 

「あなた専用のご当地グッズ」

とすることで売り上げを伸ばしています。

 

 

ご当地×星座

ご当地×血液型

ご当地×誕生日

ご当地×名前

 

 

いろんな

キーホルダー

お菓子

などを見かけることができます。

 

 

そしてその売り場にいる人は

「例外なく探す」

という行為をしています。

 

 

探すという状況は

「購買プロセス」

において1つ上のステージにいるとも言えます。

 

 

「買うとしたらを何を買うか」

は決まっている状態です。

 

 

どれにしようかな~

これがいいかな~

という状態を抜けているということです。

 

 

何十年も占いコーナーがある

多くのお土産屋さんで取り入れている

ということからも

 

 

「注目を引くコンテンツ」

であることは間違いありません。

 

 

これを

「販売促進に活かす」

ということはできそうですね。

 

 

私は

さいとうひでと

7月8日生まれ

です。

 

 

そんな私あてに

 

名字が「さ行」の方へおすすめのランチ

齋藤様専用クッキー

7月生まれ向けのカクテル

 

こういったものがあれば、私は頼んでしまうかもしれません。

 

 

顧客の選択をサポートすることになります。

 

そうすれば

客単価の向上

利益率の向上

につながる販促施策となるでしょう。

 

 

営業でも一緒です。

 

 

「〇〇」というお客様であれば

「▲▲」というプランが良い

という提案をすることです。

 

 

この

「〇〇」

がポイントです。

 

 

これが

「星座や血液型」

のように

 

「自然に与えられた条件」

であれば、提案効果は高くなります。

 

 

セールスパ―ソンはそういう認識を

「お客様と一緒に共有する」

ということが大切です。

 

 

今日は

「探すと選ぶ」

というテーマに触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー