売上目標はたやすく達成!孫子に記された「正しい営業日報」の書き方

2020.04.08

 

孫子に記されていた必勝の営業日報の中身

 

今日は
「営業日報」
について触れてみたいと思います。

 

<index>

①孫子に記されている「営業日報」の中身とは?

②正しい営業日報は・・・孫子に記されていた

③多くの企業の「営業日報」の実態

 

 

■「孫子」に記されている「営業日報」の中身とは?

 

あなたの会社では
「営業日報」
を義務付けていますか?

 

毎日ではなくてもないかもしれません。

 

「週報」

「月報」

このような報告書は組織であれば書いているはずです。

 

 

ではその中身はどうなっているでしょうか?

 

「営業日報のあるべき姿」
について考えてことがあるでしょうか?

 

 

営業日報のあるべき姿は
「孫子」
にヒントが書かれています。

 

 

孫子曰く

勝兵は先ず勝ちてしかる後に戦いを求め

敗兵は先ず戦いてしかる後に勝を求む

 

 

この言葉を聞いたことがあるでしょうか?

端的に言えば・・・

 

 

勝つ軍=勝ってから戦う

負ける軍=戦い始めてからどうやって勝つかを考える

 

このことを教えてくれています。

 

 

「勝ってから戦う??」

これはどういうことでしょうか?

 

これに
「ピンとくる営業」
「よくわからない営業」
には大きな差があるでしょう。

 

営業では
「当たり前」
にできていなければダメなことです。

 

 

■勝ってから戦う・・・孫子に記されている教え

 

何が記されているかというと
「事前準備」
を指しています。

 

 

・情報を収集する

・負けない態勢を整える

・勝つために仕込む

 

その上で
「勝つ」
自信があれば戦いに挑むということです。

 

「決戦は戦う前に決まっている」

これが孫子の戦い方です。

 

 

営業においてもこの考え方は全く同じです。

 

 

オンラインサロン会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー