経営者が考えるべき「たった1つのシンプルなマーケティング」

2018.05.17

 

今日は

「シンプルなマーケティング」

というテーマに触れたいと思います。

 

 

「マーケティングとは」

と聞いてどんなことを想像しますか?

 

 

私もマーケティングトレーニングを行う際に

「冒頭に必ず質問をする項目」

でもあります。

 

 

市場を知ること

商品を売ること

製品を宣伝すること

 

いろいろと出てきます。

 

 

ドラッカーは

「セリングを不要にすること」

と定義づけをしています。

 

 

マーケティングとは?

 

 

この回答は

「ある意味答えがない」

のかもしれません。

 

 

ひとそれぞれ

「解釈」

があり、それはすべて正しいことと思います。

 

 

ただ、間違いなく言えることは

「全ての企業においてマーケティングは最重要」

ということは共通していることだと思います。

 

 

特に中小企業の経営者は

「マーケティングに関わる時間」

をどれだけとるかが大切だと思います。

 

 

マーケティングを学ぶために

「書籍」

を手に取ったとします。

 

 

すぐに売れる

どんなものでも売れる

売上倍増

集客に困らない

 

 

このような

「キーワードの書籍」

をたくさん手にすることと思います。

 

 

ただ、これらを実践する前に

「大切なこと」

があります。

 

 

それは何でしょうか?

 

 

 

「誰も欲しくないものは売れない」

という当たり前のことを認識しておくことです。

 

 

マーケティングの役割は

「市場の変化」

とともに変わってきています。

 

 

製品を広く知らしめる技術

競合より選択されるための技術

顧客の声を聞く技術

 

 

これらの技術を

「企業戦略に取り入れること」

は非常に重要です。

 

 

しかしその前に

「その製品は誰かが欲しいものか?」

ということを考える必要があります。

 

 

広告にお金をかけたり

営業部隊を増やしたり

大々的なキャンペーンを行ったり

 

 

これらをすれば

「多少は売れる」

と思います。

 

 

しかし

「利益を出す」

というのは難しいかもしれませんね。

 

 

経営者の思い込みで多いのが

「誰も欲しくないものを、誰かが欲しがっている」

というものがあります。

 

 

自分のアイデアは

「とてもよくできている」

という心理が働くのは仕方がないことです。

 

 

まず自分達の製品・サービスは

「誰が欲しがってくれるか」

を徹底的に掘り下げることが大切ではないでしょうか?

 

 

そこには

「マーケティングの技術」

を十分に役立てることができます。

 

 

経営者の考える

「シンプルなマーケティング」

はここにあるのではないでしょうか?

 

 

今日は

「シンプルなマーケティング」

というテーマに触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

 

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー