【ビジネス寓話シリーズ】「かさ地蔵」お爺さんは売れない営業|それを救った行動メカニズム

2020.05.31

 

大人気の
「ビジネス寓話シリーズ」
をお届けいたします。

 

 

「かさ地蔵」です。

 

 

寓話というよりは
「昔ばなし」
ですね。

 

 

有名なお話ですが、どんな教訓があるのでしょうか?

 

——————————————————

 

むかしむかし、あるところに
「貧乏だけど心優しい」
おじいさんとおばあさんがいました。

 

ある年の
「大晦日」
の事です。

 

 

二人は
「かさ」
を作りました。

 

 

それを町へ持って行って売り

「お正月のおもち」
を買うつもりです。

 

 

家を出てまもなく、雪が降ってきました。

 

 

街についてもどんどん天気が悪くなり
「笠は1つも売れない」
状況です。

 

 

しかし
「吹雪いてくる様子」
だったので、おじいさんは諦めて帰ることにしました。

 

 

5つ持っていきましたが、全部売れ残ってしまいました。

 

 

帰る道を進んでいくと
「6つのお地蔵さま」
が立っていました。

 

 

お地蔵さまの
「頭にも肩にも」
雪が積もっています。

 

これを見たおじいさんは
「そのまま通り過ぎる事」
が出来ませんでした。

 

 

「お地蔵さま。雪が降って寒かろうな。せめて、このかさをかぶってくだされ」
 

 

おじいさんは
「売り物のかさ」
をかぶせてやりました。

 

 

しかしそれでも1つ足りません。

 

 

そこでおじいさんは
「自分の被っていた笠」
を残りのお地蔵さまにかぶせてあげました。

 

 

雪まみれで家に帰ると
「どうしたんですか?」
とおばあさんが驚きます。

 

 

事情を話すと
「それはとても良いことをしましたね」
とお餅のことなど気にせずニコニコしています。

 

 

夜中に突然大きな音がしました。

 

 

おじいさんがそっと戸を開けてみると
「かさをかぶったお地蔵さま」
の後ろ姿が見えました。

 

そして家の前には
「お正月用のおもちやごちそう」
が山のように置いてありました。

 

——————————————————

 

懐かしいお話です。

 

 

このお話の特徴は
「善悪の概念」
がないということです。

 

 

「純粋に正しい行いをする者は救われるという」
という教えが含まれています。

 

 

では、少し視点を変えて
「おじいさんの行動は合理的かどうか?」
という観点で見てみましょう。

 

 

このおじいさんの行動は
「合理的」
だと思いますか?

 

 

この観点で言えば
「決して合理的」
とは言えません。

 

 

大切な売り物を
「お地蔵様に無償で提供してしまう」
という行動です。

 

 

テクノロジーが進化して
「合理化」や「効率化」
が今の経済市場では求められています。

 

 

「非合理的な行動をするおじいさん
では、今の市場で生きていけないでしょうか?

 

 

あなたは昔ばなしだから成立した話だと思いますか?

 

 

もちろんそんなことはありません。

 

 

これは脳のメカニズムに基づいた
「人間本来の行動」
でもあるからです。

 

 

行動科学視点からみると
「人は実に不合理な行動」
そしていることがわかります。

 

 

一見すると
「一貫性もなく突拍子もない行動」
です。

 

 

ただそこには
「必ず規則性」
が存在しています。

 

 

ちなみにこのお話のおじいさんの行動は
「利他的行動」
規則的に行われています。

 

 

これは
「自分にコストがかかっても、他者に利益を与える行動」
というものです。

 

 

そしてこのお話では
「返報性の法則」
に則ってお地蔵さんがお返しをしたというお話です。

 

 

この行動も
「脳のメカニズム」
により生まれていることが証明できます。

 

 

新しい生活様式に変わり
「求められる行動」
が変わっていきます。

 

 

これまで
「効率化」
だけを持て目てきた時代は終わることでしょう

 

 

その中でも
「根底にある人の行動メカニズム」
は変化しません。

 

 

新しい時代には
「見直すべき不合理」
「継続すべき不合理」
が存在します。

 

 

早急な見極めが
「次のステージで必要なこと」
になってくるでしょう。

 

 

私も行動創造理論によって
「正しい行動」
を創っていきたいと考えています。

 

 

今日はビジネス寓話シリーズ
「かさ地蔵」
をお届けいたしました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー